2019年07月06日

[ビジネスのきづき](934)「資金調達コンサルタントの限界」

読者のみなさま、こんにちは。









先日、事務所で執筆をしていたら、とつぜ

ん、目の前に、大きめの蚊がぽとりと落ち

てきて、パワー森林香の効き目のすごさに

おどろいた六角です。


(ご参考→ https://amzn.to/2XnkpWu


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●資金調達コンサルタントの限界

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、中小企業診断士の川北英貴さんのブ

ログを読みました。


(ご参考→ https://bit.ly/2Jl44HR


川北さんによれば、「黒字の会社の場合、

経営者が独自に動いた場合の資金調達の可

能性が60%であるとして、資金調達コン

サルタントは可能性を80%に引き上げま

すが、赤字や債務超過である会社の場合、

通常では資金調達の可能性が5%しかない

ところ、可能性を10%に引き上げること

が限界です」と述べておられます。


すなわち、資金調達コンサルタントを利用

することで、一定の効果はありますが、そ

れは、資金調達に成功することが保証され

るわけではないということです。


しかしながら、赤字であったり、債務超過

に陥ったりしているにもかかわらず、自ら

は自社の業績に目を向けないままでいた会

社経営者が、銀行から融資を断られて初め

て自社が窮地に立っていることを認識し、

それを脱するために資金調達コンサルタン

トに支援を求め、それでも資金調達に失敗

したり、資金調達コンサルタントからの支

援も断られたりするという例を見ることが

あります。


なお、川北さんは「資金調達の可能性が5

%の可能性を80%へ引き上げるコンサル

タントがいるかもしれませんが、そのよう

なコンサルタントは決算書の偽造・粉飾決

算を行い、銀行をあざむいて資金調達を行

うコンサルタントです」とも述べておられ

ます。


手段はどうでもよく、結果さえよければい

いという、あさはかな考えを持つ経営者の

方は、このような不心得なコンサルタント

を利用するかもしれません。


ただ、そのような方法での資金調達は、根

本的な自社の課題の解決にはならず、却っ

て自社を窮地に追い込んでしまいます。


ここまで述べて来たことで私が伝えたいこ

とは、融資を受けられなくなった時、資金

調達コンサルタントに依頼すれば、融資を

受けられるようになると考えてはいけない

ということです。


銀行は、融資をしている会社が赤字になっ

た時点で警戒を始めますので、「銀行は何

も言って来ない」などと慢心することは避

けなければなりません。


さらに、「(川北さんは)数千名の中小企

業経営者からの資金繰りの相談を受けてき

ましたが、事業が赤字で資金不足に陥った

経営者のほとんどは、資金調達に問題解決

を求める傾向にあります」と述べておられ

ます。


赤字の会社であっても、融資を受けられれ

ば事業を継続することができるので、川北

さんのご指摘する通り、多くの経営者は、

会社が赤字になっても、「事業を黒字化し

よう」とは考えずに、「お金が足りなけれ

ば銀行から借りよう」と、安易な方法を選

んでしまうのでしょう。


ちなみに、川北さんも「独立当初は資金調

達のコンサルティングを仕事の中心にして

いましたが、相談に来る会社のほとんどは

『赤字だから資金調達したい』と言ってき

たものの、そのような会社の問題解決策は

『資金調達』なのだろうかと疑問に思い、

仕事の方向を変え、赤字や債務超過など厳

しい状態に陥ってしまった会社、資金繰が

厳しい会社を立て直すという、経営改善の

コンサルティングに方向を変えた」そうで

す。


コンサルティングの根本的な目的は、会社

の事業を円滑に継続させることですので、

資金調達だけではその目的の達成するため

には限界があるわけですから、川北さんの

方向転換は極めて当然のことです。


これは、逆に言えば、コンサルティングを

受ける側も、資金調達だけで会社の課題を

片づけようとすることは無理ということで

す。


確かに、短期的には手元の資金残高が底を

つかないようにしなければなりませんが、

融資を円滑に受けられるようにするには、

黒字を維持しなければならず、経営者はこ

の点から目をそらしてはならないというこ

とです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第534回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の庄司桃子先生に

お越しいただき、中小企業の上手な経営ノ

ウハウについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2RFjIBv


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/2jXg2UgtQEo


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の7月〜8月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「スカイプ相談実施日」

7月9日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

7月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

7月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi





「経営入門セミナー」

7月25日(木)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2FpGdpf




「融資に強くなる勉強会」

8月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2xsDIye






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたパワー森林香ですが、蚊取り

線香ではなく、蚊を含めた虫が近寄って来

ないようにするための煙を出す、強力な線

香なのだそうです。


蚊取り線香も効き目はありますが、蚊を退

治する範囲が限定的なので、パワー森林香

を使う人が、林業や農業に従事する方の間

で広まっているそうです。


私も、虫の痒さは堪えられないタイプなの

で、このような線香があり、今年は例年よ

りも快適に夏を過ごすことができそうです。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする