2019年10月01日

[ビジネスのきづき](1021)「融資受けるための裏技の矛盾」

読者のみなさま、こんにちは。








私のブログのアクセス数が、最近は、コン

スタントに100を超えるようになり、ち

ょっとうれしくなっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●融資受けるための裏技の矛盾

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私がフリーランスになったばかりの頃は、

銀行に勤務していたというキャリアがあっ

たことから、自主開催や他社開催で融資セ

ミナーの講師をしていました。


しかし、セミナーの評判はよくありません

でした。


なぜなら、セミナーでは、「銀行から融資

を受けやすくなるコツは、業績を高め、こ

まめに銀行へ報告に行くことです」としか

言わなかったからです。


でも、セミナーの受講者の方の多くは、融

資を簡単に受けられるようになるための、

いわゆる、「裏技」を教えてもらえること

を期待して、セミナーに来ていたのでしょ

う。


そういう人たちにとっては、「業績をよく

する」、「銀行を定期的に訪問する」と

いった、教科書的なことしか言わない私は

期待外れだったのでしょう。


ちなみに、私は、融資を受けるための「裏

技」は存在しないし、あったとしても、そ

れを行う必要がないと考えています。


私がなぜそう考えるかという理由について

は、今回は直接的な理由は述べませんが、

「融資を受ける裏技がある」と考えている

方には、自己矛盾があると思いますので、

それについて述べたいと思います。


まず、裏技があるという前提のひとつは、

「銀行は融資はしたくない」ということだ

と思います。


しかし、私が銀行に勤めているときは、融

資を増やそうと懸命に活動していたし、い

ま、銀行で働いている職員の方たちも、同

様のことをしていると思います。


それは、融資を増やして融資利息収入を得

ることが、銀行の利益を得る基本的な活動

だからです。


ですので、融資を受ける裏技があると思っ

ている人が、「銀行は融資はしたくない」

ということを前提としていれば、それは、

事実と異なります。


ここで、「銀行が融資を増やそうとしてい

ることは理解できるが、真に融資を必要と

している赤字の会社には、融資をすること

には消極的だ」という反論があるかもしれ

ません。


私は、その指摘は正しいと思います。


では、赤字の会社が融資を受けるには、裏

技が必要なのかというと、私はそうは考え

ていません。


図らずも赤字になった会社は、その改善策

を講じ、それを実践することと、その改善

策や経過を銀行に報告していれば、多くの

場合、銀行は融資に応じるでしょう。


もし、「融資を受ける裏技」があるとすれ

ば、それはこの活動以外の活動ということ

になると思いますが、それを実践するとし

ても、赤字の会社は赤字を抜け出すための

活動はしないのでしょうか?


もし、両方をするのであれば、私は、わざ

わざ「融資を受ける裏技」は実践せず、改

善策だけを実践すればよいと思います。


もしくは、改善策は行わないで、「融資を

受ける裏技」だけを実践するとすれば、経

営者としての活動の結果に向き合わず、責

任を放棄していることになると思います。


ただ、「融資を受ける裏技」があると考え

ている経営者の方の立場を理解できる点が

あり、それは、「融資を受ける裏技を教え

ます」という人たちがいることです。


そのような、「甘いささやき」がきこえて

きたら、融資を受けるために日ごろから苦

心している経営者の方は、「融資を受ける

裏技」に頼りたいと思ってしまうかもしれ

ません。


ただ、私は、「融資を受ける裏技がない」

ということを100%証明することはでき

ないのですが、銀行で働いていた経験があ

るものとして言えることは、仮に会社が赤

字の状態であっても、事業改善に真摯に取

り組んでいる会社に対しては、決して消極

的な評価はしないということです。


逆に、事業の改善に向き合わず、「裏技」

に頼ろうとすることそのものが、銀行から

の評価を下げてしまうことになると思いま

す。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第547回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の川北英貴先生に

お越しいただき、経営者保証ガイドライン

についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2ldQdLo


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/aSv-6Lp8UhY


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●10月21日ランチ会兼勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





10月21日(月)12時00分から、東

京都千代田区の秋葉原駅の近くのレストラ

ンで、少人数に限定して、昼食をとりなが

らの融資に関する勉強会を開きたいと思い

ます。




■日時:令和元年10月21日(月)

12時00分〜14時00分


■会場:和食ダイニングまぐろ問屋十代目

彌左エ門 アトレ秋葉原2店

東京都千代田区神田花岡町1−9

アトレ秋葉原2 4階


JR秋葉原駅昭和通り口を出て、すぐ左側

にあるエレベーターで4階に上がってくだ

さい。


東京メトロ日比谷線をご利用の場合、秋葉

原駅3番出口を出ると、正面にエレベータ

ーが見えます。


地図→ https://bit.ly/2lV8tZO



■参加費:1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


別途、お食事をご注文し、各自、ご精算く

ださい。


■その他:食事をオーダーするという条件

を満たしていただければ、遅れての参加、

中途での退室は可能です。当日は、ご参加

いただいた方からの質問もお受けします。


■参加申し込み方法:フェイスブックイベ

ントページで、「参加」ボタンを押してく

ださい。→

https://www.facebook.com/events/489330015247993/


フェイスブックアカウントをお持ちでない

方は、この電子メールに返信して、参加す

る旨をご連絡ください。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●10月14日開催融資勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が銀行出身のコンサルタントということ

もあり、頻繁に、士業の方、開業予定者の

方、保険会社の方など多くの方から、融資

に関するお問い合わせがよせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなど

を交えながら、融資に関する勉強会を開く

ことにしました。


■日時 10月14日(月)

19時00分〜21時00分


■会場 新宿アントレサロン


東京都新宿区新宿2丁目12番13号

東京メトロ丸ノ内線・副都心線、及び、都

営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」C8出口

より徒歩1分


地図→ https://bit.ly/16cEDSR


■参加費 1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


■申し込み方法

こちらのページにリンクされているフォー

ムに、お名前、メールアドレスなどのご記

入をお願いします。

http://21keiei.org/seminar.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ブログのアクセス数が100というのは、

ぜんぜん自慢できる数ではありません。


しかし、投稿者は無名、広告なし(フェイ

スブックやツイッターにリンクを投稿する

のみ)で、アクセスが100になるという

のは、記事数が多く、オーガニックに検索

されるようになったからだと思います。


ブログを始めたことは、一日に20程度も

無かったことを考えれば、ある程度の効果

を感じます。


ただ、「だからどうなった」ということを

言えるほどではないので、早く、明確な効

果が現れるよう、引き続き精進していきた

いと思います。















◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする