2019年11月19日

[ビジネスのきづき](1070)「財務分析と融資審査」

読者のみなさま、こんにちは。








最近、何にかの方から、「メールマガジン

を読んでいます」と言われるようになった

のですが、「導入部分と編集後記が面白い

ですね」しか言われないので、ちょっと複

雑な気持ちになっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●財務分析と融資審査

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、日本商工リサーチが、粉飾決算に関

する調査結果を公表しました。


(ご参考→ https://bit.ly/354bRTC


この調査結果によれば、「2019年1月

〜10月の、『粉飾決算』が一因となった

倒産は、16件となり、前年同期の8件か

ら2倍に増加した」そうです。


さらに、同社は、調査結果について、「金

融機関に事業性評価が浸透し、度重なるヒ

アリングで粉飾決算が露呈するケースもあ

り、今後も『粉飾倒産』の発覚が増える可

能性は高い」と述べています。


私が銀行に勤務していた時も、担当先を訪

問して、粉飾を発見したことがあります。


粉飾は、確定した決算書に対して行うもの

なので、訪問した会社で、たまたま目にし

た月次試算表が粉飾しないままの状態だっ

たことから、その会社が粉飾をしていたこ

とに気がつきました。


そうい面では、東京商工リサーチが、「金

融機関に事業性評価が浸透し、度重なるヒ

アリングで粉飾決算が露呈するケース」が

あるという指摘はその通りだと思います。


ところで、今回の記事の本旨は、財務分析

と融資審査は異なるということです。


融資審査をするときは、財務分析も行いま

すが、それは単純に財務諸表の数値から計

算するだけなの作業なので、わざわざ銀行

職員が電卓を叩いて計算するということは

せず、データベースから弾かれた計算結果

をパソコンの画面で見るだけです。


さらに、財務分析の結果だけから、融資審

査をすることも、銀行職員はあまり行いま

せん。


財務分析の結果から、融資の承認を出せそ

うな会社は業績のよい会社であり、むしろ

銀行からお願いしてでも融資を受けて欲し

い会社ですから、融資審査をする意味はあ

まりありません。


本当に融資審査をする会社は、融資をする

のにちょっと難があるというような、銀行

から見て判断に迷うような会社です。


融資審査の巧緻は、問題がありそうだけれ

ども、返済してもらえる会社を見抜くこと

と、問題なさそうな会社だけれども、返済

してもらえない会社を見抜くことです。


そういった意味合いから、銀行の融資審査

では、財務分析そのものには、ほとんど時

間をかけていません。


そして、もうひとつの重要なポイントは、

誤解を招く表現になることを恐れずに述べ

ると、中小企業の決算書はあまりあてにな

らないということです。


粉飾をしている会社の決算書は信用できな

いことは当然ですが、意図して粉飾してい

なくても、中小企業の多くは、経理規定な

どが未整備なので、結果として決算書が不

正確なものとなりがちです。


例えば、中小企業の損益計算書に、「前期

損益修正損」という勘定科目が計上される

例をときどき見ることがあります。


これは、前期の経理処理に誤りがあり、そ

れを修正するために、当期の費用として計

上する科目です。


また、前期損益修正損を計上するまでに至

らなくても、「役員貸付金」という科目が

ある場合もあります。


これは、会社としては費用になると判断し

て経理処理したものが、決算書を作成する

段階になって、顧問税理士の方が費用には

ならないと判断し、経営者への貸付金とし

て処理するときに使う科目です。


このような場合、期中の月次決算書は、不

正確の状態ということになります。


以上の例は、分かりやすい例ですが、その

他にもさまざまな要因で、中小企業の財務

資料は、正確ではない場合が多いというの

が実情です。


ところが、「銀行は目利き能力がない」、

「銀行の融資機能は、人工知能に代わられ

る」という主張をしている人は、恐らく、

「中小企業の財務諸表は、大企業の財務諸

表と同様に、正確に作成されている」と考

えている人だと思います。


これを言い換えれば、「融資審査=財務分

析」と考えているのではないでしょうか?


確かに、「融資審査=財務分析」という前

提であれば、銀行職員が融資審査をする必

要はないでしょう。


でも、実際は、財務分析の結果だけで判断

をすると、ほとんどの中小企業は融資は承

認できない会社という状況が実態です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第554回を

配信しました。


今回も、丸亀製麺を運営している、トリド

ールホールディングスの社長秘書をお務め

の、小野正誉さんにお越しいただき、どう

やって、会社に勤務しながら、300ペー

ジを超えるページ数の本を書くことができ

たのかということについてお伺いしました。




ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/33XYNPy


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/9KVVByTOzJ8


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●12月13日ランチ会兼勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





12月13日(金)12時00分から、東

京都千代田区の秋葉原駅の近くのレストラ

ンで、少人数に限定して、昼食をとりなが

らの融資に関する勉強会を開きたいと思い

ます。




■日時:令和元年12月13日(金)

12時00分〜14時00分


■会場:和食ダイニングまぐろ問屋十代目

彌左エ門 アトレ秋葉原2店

東京都千代田区神田花岡町1−9

アトレ秋葉原2 4階


JR秋葉原駅昭和通り口を出て、すぐ左側

にあるエレベーターで4階に上がってくだ

さい。


東京メトロ日比谷線をご利用の場合、秋葉

原駅3番出口を出ると、正面にエレベータ

ーが見えます。


地図→ https://bit.ly/2lV8tZO



■参加費:1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


別途、お食事をご注文し、各自、ご精算く

ださい。


■その他:食事をオーダーするという条件

を満たしていただければ、遅れての参加、

中途での退室は可能です。当日は、ご参加

いただいた方からの質問もお受けします。


■参加申し込み方法:フェイスブックイベ

ントページで、「参加」ボタンを押してく

ださい。→

https://www.facebook.com/events/532327930944980/


フェイスブックアカウントをお持ちでない

方は、この電子メールに返信して、参加す

る旨をご連絡ください。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●12月16日開催融資勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が銀行出身のコンサルタントということ

もあり、頻繁に、士業の方、開業予定者の

方、保険会社の方など多くの方から、融資

に関するお問い合わせがよせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなど

を交えながら、融資に関する勉強会を開く

ことにしました。


■日時 12月16日(木)

19時00分〜21時00分


■会場 新宿アントレサロン


東京都新宿区新宿2丁目12番13号

東京メトロ丸ノ内線・副都心線、及び、都

営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」C8出口

より徒歩1分


地図→ https://bit.ly/16cEDSR


■参加費 1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


■申し込み方法

こちらのページにリンクされているフォー

ムに、お名前、メールアドレスなどのご記

入をお願いします。

http://21keiei.org/seminar.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





このメールマガジンは、すべての読者の方

に、毎回、必ず読んでいただいているとは

思っていないのですが、たまには本文にも

関心が持ってえるとうれしいと思っていま

す。


とはいえ、私も、ほかの方が配信している

メールマガジンを、毎日、すべて、目を通

していないので、期待しすぎてはいけない

とも思っています。


ただ、メールマガジンを通して、私のこと

を覚えていてくれる人がいることはありが

たいです。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする