2019年12月11日

[ビジネスのきづき](1092)「フェイスブックの投稿は自慢だらけ」

読者のみなさま、こんにちは。








先日、私の家に、お歳暮で蓬莱の豚まんが

送られてきたので、思わず「556だ!」

と叫んでしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●フェイスブックの投稿は自慢だらけ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私の知人のうち、何人かの人から、「フェ

イスブックへは、自慢ばかり投稿されてい

るので、自分はフェイスブックを使いたい

とは思わない」という意見をきいたことが

あります。


私も同じことを感じています。


ただ、それは否定できないものの、フェイ

スブックには利点もあるので、私は積極的

に活用しています。


私のように、地方に住むものは、会いたい

と思う人とは思うように会うことができな

いので、フェイスブックを通してやり取り

をして、コミュニケーションを維持するこ

とに活用しています。


また、私が制作しているポッドキャストの

ゲストも、面識のない状態から、フェイス

ブックを通してやり取りをしているうち

に、ゲスト出演してもらえるようになる例

が何件もありました。


とはいえ、私もフェイスブックを使いすぎ

てしまったと反省している面があります。


フェイスブックには、経営コンサルタント

の方が、日本のあちこちに、講演やコンサ

ルティングで出張し、その土地のおいしい

料理の写真を投稿していることが、多くあ

ります。


そのような投稿を見て、「自分も、日本の

各地から講師として招かれて、その土地の

おいしい料理を食べてみたい」と考えたこ

とがありました。


そこで、いくつかの講師紹介サイトに自分

を登録してみたのですが、私以外にも何千

人もいる「売れっ子講師」と比較したら、

自分は講師として魅力はぜんぜんないとい

うことに気づきました。


それだけでなく、そういう人たちと勝負で

きるようになれるのかと考えたら、自分に

は、そうなろうとするだけの意欲もない

し、いまの生活環境を考えると、頻繁に遠

出をすることも難しそうです。


結局のところ、自分は本当はどういう仕事

をしたいのか、他者と比較して、自分の優

位性はどこにあるのかという、いつも自分

が顧問先に質問していることを、自分自身

にも問いかけることになったわけです。


ということで、フェイスブックの使いすぎ

にも注意しなければならないということを

反省しました。


ところで、私が相談を受ける経営者の方の

中にも、例えば、「知人が、飲食店を開業

して成功しているので、自分も飲食店を持

ちたい」というような、動機があまり純粋

でないご相談を受けることがあります。


飲食店を開業することそのものが問題では

ありませんが、単に、見栄の張り合いで飲

食店を持つのであれば、きちんと事業に向

き合うことができず、本気で飲食店事業に

取り組んでいる人との競合には勝つことは

できないと、私は考えています。


そして、自分が他者に負けない得意分野は

何かということが分かっていれば、他人の

自慢話を聞いても、心が揺れることなく穏

やかでいられると思います。


これを言い換えれば、自分の得意分野が何

かわからない、自分に自信がないという状

態の人は、何をやっても打ち込むことがで

きず、事業もうまくいかなくなるというこ

とです。


もちろん、これも、私自身への戒めの言葉

です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第557回を

配信しました。


今回も、丸亀製麺を運営している、トリド

ールホールディングスの社長秘書をお務め

の、小野正誉さんにお越しいただき、小野

さんの初めてのご著書、「メモで未来を変

える技術」( https://amzn.to/35pUqgu )か

ら、メモのさらなる活用法についてお尋ね

しました。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/36fqXGG


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/PCHXGGQdIoE


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





どういうわけか、蓬莱の豚まんはおいしい

ので、「551」と書かれた箱をみると、

思わずよだれが出てしまいます。


ところで、この、「551」の由来は、同

社のホームページに書かれていますが、い

ろんな意味があるのですね。


(ご参考→ https://bit.ly/2rZUcyd


これからは、豚まんを潤滑剤とは間違わな

いように注意したいと思います。













◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする