2019年12月22日

[ビジネスのきづき](1103)「ひよこ食い」

読者のみなさま、こんにちは。







ことしはインフルエンザが流行していると

いうことなので、20分おきに飲みものを

飲んで、ウィルスの感染を防いでいる六角

です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ひよこ食い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




あえて「ひよこ食い」に述べる必要はない

と、ずっと思っていたのですが、ちょっと

気になったことがあったので、今回は「ひ

よこ食い」について書いてみます。


「ひよこ食い」とは、経営コンサルタント

業界などではよくみられるのですが、すで

にコンサルタントになっている人が、これ

からコンサルタントになろうとする人を対

象に、コンサルタント養成講座のような講

座を開いて、コンサルタント志望者から授

業料を集めて、自らの収入にするというも

のです。


この、業界の先輩が、その業界に進もうと

する人に対して、スキルなどを教えるとい

うことそのものに問題はないし、よいこと

だと思うのですが、この「講座」などを開

いたり受けたりすることそのものが目的化

してしまっているという例が、よく見られ

ます。


このようなことが起きてしまうのは、講座

の主催者が、ひよこ食いを主な収入源とし

て味をしめてしまうからでしょう。


そのような主催者は、講座だけでなく教材

を作ったり、さらに上級者向けの講座など

を作ったり、出版をしたりして、事業を広

げていきます。


そして、その講座の受講者も、受講者にな

ることが目的化していきます。


講座の主催者から学ぶ点が多くある、受講

料以上の価値があると考えているのであれ

ば問題はないと思うのですが、中には、い

つ、その講座を卒業するのだろうと思う人

もいます。


恐らく、その講座の主催者から学んでいる

ということに安住してしまい、受講生とい

う立場を隠れ蓑にして、独り立ちすること

から逃げているのではないかと思います。


これは極端な例ですが、先日、「ひよこ食

い」と思われるある講座の受講生の方から

聞いたのですが、「100万円以上する教

材のDVD数十巻を、毎日視聴し、通して

10回は繰り返して視るように言われた」

と話していました。


私は心の中で、「それって、完全にあなた

が食いものにされているよ」と思ったので

すが、その方も、DVDを見ることがモチ

ベーションになっているようでした。


本当にコンサルタントになりたければ、な

ぜ、「●●先生の塾生」ではなく、1日で

も早く自分の名前でコンサルティングをし

ようとしないのか、とても不思議に感じま

した。


今回、私が、このひよこ食いについて述べ

たのは、手段と目的の取り違えの典型的な

例だと感じたからです。


ちなみに、私は、経営コンサルタントとし

て、新たにコンサルタントになりたいとい

う方からコンサルティングを教えて欲しい

と言われれば、拒むつもりはありません。


ただ、その前に、拙著を読むこと、Pod

castを聴くことを依頼します。


なぜなら、そうすることで、わざわざ「講

座」を開いたり「教材」を作らなくても、

私の考え方や、スキルをお伝えすることが

できるからです。


もちろん、本を読むだけではスキルは身に

着きませんので、実地の指導も必要になり

ますが、だからといっていつまでも指導を

するということはせず、1日でも早くその

人が独立できるように支援します。


なぜなら、私が関心のある仕事は、新米コ

ンサルタントの育成ではなく、懸命に事業

改善に取り組んでいる経営者の方をご支援

することだからです。


経営コンサルタントを名乗るのであれば、

まず、コンサルティングに軸足を置くべき

であり、もし、新米コンサルタント向けの

教材の開発をするのであれば、補助的な事

業として位置付けるべきことでしょう。


その補助的ば仕事が本業に近いものになっ

ている「経営コンサルタント」は、なぜ、

補助的な仕事に注力しているのかというこ

とを考えて見れば、それは推して知るべし

ということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第559回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の上野光夫先生に

お越しいただき、上野先生の新刊、「社長

の一流、二流、三流」から、財務マネジメ

ントについてお尋ねしました。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2MbKf87


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/Hq_hRt-GQfs


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





20分おきに飲みものを飲む方法は、病院

に行ったとき、患者を診察した医師が、診

察が終わるたびにペットボトルのお茶を飲

んでいるところを見たので、私も実践して

みようと思いました。


私は、コーヒーなどがすきなので、20分

おきに飲みものを飲むことは負担ではない

のですが、その代わり、トイレに行く回数

が増えてしまいました。


でも、風邪対策と考えれば、それくらいの

ことは我慢しないと…と思います。


ことしは無事に冬を過ごせるよう、引き続

き気をつけたいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:57| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする