2019年12月23日

[ビジネスのきづき](1104)「預金の質権設定」

読者のみなさま、こんにちは。







つい、1週間前までは、きょうが祝日では

なくなっていることに気づかなかった六角

です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●預金の質権設定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




一般の会社は、商取引をするときに、その

相手から担保を求められることは珍しくあ

りません。


分かりやすい例では、小売業A社が大手卸

売業B社から商品を仕入れるための条件と

して、見込み取引額の2割〜3割程度の担

保(具体的には不動産担保)を差し出すと

いうものです。


しかし、金融機関ではない一般の事業会社

にとっては、担保を差し出す側も、受け入

れる側も、担保の契約手続きやその管理の

手間が比較的大きな負担となります。


そこで、よく利用される方法は、金融機関

の保証です。


前述の例では、仕入をするA社が、取引銀

行から保証書を発行してもらい、B社にそ

の保証書を渡します。


そうすることで、B社は、万一、A社から

A社に対する売掛金を回収できなくなって

も、保証額の範囲内で、銀行から売掛金を

回収することができます。


しかし、A社にとって、銀行から保証書を

発行してもらうということは、その保証額

の融資を受けていることと同じことになり

ます。


そのことにより、一般の融資が受けにくく

なることもあります。


そこで、銀行に保証書を発行してもらう以

外の方法として、預金の質権設定がありま

す。


この「質権設定」とは、専門的な言い回し

ですが、一般的に言われている質入れのこ

とです。


預金は、約款によって質権設定が禁止され

ていますが、銀行の承諾を得れば質権設定

ができます。


そこで、上述の例では、A社が取引銀行に

預けている預金に、質権設定をする旨の了

解を得てから、預金証書をB社に引き渡し

ます。


預金証書を質として受け取ったB社は、A

社から売掛金を回収できなくなったとき、

他の債権者に優先して、その預金を解約し

売掛金の回収にあてることができます。


この預金の質権設定は、担保契約の一種で

すが、銀行発行の保証書と同様に、B社に

とっては書類を預かるだけなので、比較的

事務負担は少ない保全方法です。


また、A社の取引銀行にとっても、A社と

の預金契約は継続されるので、比較的了解

してもらいやすい方法です。


自社の事業拡大のときは、A社のように、

他社に対しての保証が必要なことがありま

すが、銀行からの保証書発行や、預金の質

権設定などのいくつかの方法があるという

ことを理解しておくと、取引相手との折衝

が行いやすくなると思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第559回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の上野光夫先生に

お越しいただき、上野先生の新刊、「社長

の一流、二流、三流」から、財務マネジメ

ントについてお尋ねしました。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2MbKf87


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/Hq_hRt-GQfs


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ご存知のように、平成時代は12月23日

は天皇誕生日の祝日でしたが、御代替わり

があったので、2月23日に移りました。


ということで、平成31年と令和1年は、

天皇誕生日の祝日がない年になりました。


そのかわりということではないと思います

が、ことしはゴールデンウイークは10連

休でしたので、祝日の多い年になりました

ね。


でも、サラリーマンではない私は、普段と

あまり変わりがない年でした。


早く、祝日はゆっくりできるくらい、事業

を順調にさせないとと思います。^^;










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする