2019年12月29日

[ビジネスのきづき](1110)「銀行の隔日営業」

読者のみなさま、こんにちは。







ことしも残すところ4日になりましたが、

毎年、この時期になると、年を越す前に、

「第九」を聴きたくなる衝動にかられる六

角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●銀行の隔日営業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、日本経済新聞が、過疎地域にある南

都銀行(本店が奈良市にある地方銀行)の

小川支店が、週に2日間しか営業しないこ

とになったという記事を載せていました。


(ご参考→ https://s.nikkei.com/34XBUeS


同店のある地域は世帯数が800軒なのだ

そうですが、金融庁が行った規制緩和で、

「銀行店舗は法令で土日祝日や年末年始以

外は休めないが、近接する2つの店舗で休

みを分ければ、営業日でも休日にできる」

ようになり、それを適用したそうです。


これは、私の想像ですが、もし、この規制

緩和がなければ、同店は閉鎖されていたの

ではないかと思います。


それでも、地域のことを考慮した南都銀行

は、同店を「隔日営業」として残したのだ

と思います。


近年の銀行は、金融庁の方針で、業績に関

して「自己責任」を強く求められており、

過疎地域の店舗の閉鎖は仕方がないことだ

と思います。


これも、これまで私が何度も述べてきまし

たが、銀行が、かつて、当局から保護を受

けていた時代に行っていた、採算が合わな

い業務は、これからますます、縮小、廃止

に拍車がかかっていくことでしょう。


現在は、銀行は預金を預かっても収益が得

られない時代なので、預金を集めることが

主な目的である有人店舗は、前述の日本経

済新聞の記事でも言及しているように、ど

んどん閉鎖されていくでしょう。


とはいえ、銀行の店舗は、地域にとっては

ある程度の生活インフラとも言えるので、

私は、国や自治体が補助を行ってでも、店

舗を維持させることを行ってもよいのでは

ないかと思っています。


銀行に対して、引き続き経営努力を求める

ことは必要ですが、現在は、それだけでは

すべての利用者の要望を受け入れることが

できない時代になっているのではないで

しょうか?





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第560回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の上野光夫先生に

お越しいただき、上野先生の新刊、「社長

の一流、二流、三流」から、事業計画書の

活用法についてお尋ねしました。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2Q3x8bh


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/jGkfJ3DCGwE


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「第九」は改めて説明する必要はないと思

いますが、ベートーヴェンの交響曲第9番

のことで、とても完成度が高いと感じてい

ます。


同曲については、ベートーヴェンの影響を

強く受けたブラームスが、より完成度の高

い曲をつくろうとして、彼の交響曲第1番

を完成させるまでに20年を費やしたと言

われていたり、欧州統一を象徴する欧州の

歌として欧州連合に採択されていたりなど、

ほかのどの交響曲よりも特別な評価をされ

ています。


それにしても、これを作曲したベートーヴ

ェンは、初演で指揮台にあがったにもかか

わらず、自身は聴力を失っていたために聴

くことはできなかったというのは、ちょっ

と悲しいですね。


すきなときにいつでもこの曲を聴くことが

できる自分はとても幸せだと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする