2020年06月30日

[ビジネスのきづき](1294)「ゾンビ会社を残すことは非人道的」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、数か月ぶりに下北沢に行ってきたの

ですが、小田急線下北沢駅の地下ホームか

ら、エスカレーターを昇って地上の改札を

出ると、方角がわからずに、なかなか目的

地に行くことができなかった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ゾンビ会社を残すことは非人道的

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


自由主義経済のもとでは、競争に敗れる会

社が出てきてしまいますが、競争がなけれ

ば、非効率な会社が増えてしまうので、競

争は、社会全体からみれば、効率性を高め

るために必要なプロセスと言えます。




[本文]


立命館アジア太平洋大学学長で、元ライフ

ネット生命保険会長の出口治明さんと、農

林中金バリューインベストメンツ常務取締

役の奥野一成さんの対談が、ダイヤモンド

オンラインに載っていました。


(ご参考→ https://bit.ly/2YFhK9D


その中で、ゾンビ会社に関しておふたりが

お話しておられました。


奥野氏「ゾンビ会社については銀行の問題

もあります。


そもそも、銀行が保護されていますから、

業界そのものが過当競争状態になっていま

す。


その結果、リスク・リターンのバランスに

おいて魅力的とはいえないような企業、簡

単にいうとダメな会社を銀行が無理やり延

命させてしまうから、問題点が解決されな

いままになってしまいます」


出口氏「会社を潰したり、レイオフを実行

したりするのは、非常にアン・ヒューマン

(非人道的)なことであるという間違った

認識が染みついていますね。


よく考えて欲しいのは、逆にレイオフをし

ないことの方がはるかにアン・ヒューマン

だということです。


プロ野球に例えて考えると分かると思うの

ですが、四番打者が打てなくなり、レギュ

ラーから外れた後も、戦力外通告を受けず

に、ベンチを温めていたらどうなるでしょ

うか。


その人は、他のチーム、あるいは野球とは

全く別の仕事に就けば、もっと活躍出来た

のかも知れないのに、働ける旬の時期を、

ずっとベンチに座ったままで衰えていくの

です。


これこそアン・ヒューマン以外の何物でも

ありません。


『残念ながらうちでは活躍出来なかったけ

れども、他に行けばチャンスに巡り合える

から、そこで頑張っておいで』と言って送

り出してあげる方が、はるかにヒューマン

です」


私は、おふたりの考え方は正しいと思いま

す。


ただ、日本は、まだまだ、雇用の流動性が

高くないため、出口さんのおっしゃるよう

に、「残念ながらうちでは活躍出来なかっ

たけれども、他に行けばチャンスに巡り合

えるから、そこで頑張っておいで」とは言

いにくい面もあると思います。


また、現在は、M&AやMBOなどによっ

て、緩やかな会社(経営者)の退場という

事例が徐々に増えていますが、やはり、ぎ

りぎりまで事業を続けて、いきなり倒産す

るという会社の例は多いので、会社倒産に

対するイメージは、依然としてよくありま

せん。


ただ、緩やかに会社を閉じる事例が増えて

行けば、そのことに対する社会的なイメー

ジも変わっていくと思います。


私は、自由主義経済のもとでは、競争の敗

者が出ることは避けられませんが、そのこ

とは、出口さんのおっしゃる通り、社会全

体からみれば、より効率的な経済活動がで

きるようになるためのプロセスでもあると

思います。


逆に、競争のない(または少ない)経済活

動が行われれば、多くの非効率な会社が増

えてしまいます。


「競争」があることは、社会全体にとって

よいことと考えるべきということを、出口

さんと奥野さんの対談を読んで、改めて感

じました。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第586回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2NyQrr6


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/XQgErV9HacU


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私は下北沢のあの独特な雰囲気がすきなの

ですが、何度行っても、なかなか方向が分

かりません。


かつては、小田急線の電車が地上を走って

いたので、多少、方角は分かりやすかった

のですが、いまは、小田急線の電車は地下

を走っているので、さらに分かりにくくな

ってしまったような気がします。


でも、何度も行くうちに、土地勘がだんだ

んつかめるようになると思います。


早くそうなるよう、これからはなるべく下

北沢に行く頻度を高めたいと思います。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

[ビジネスのきづき](1293)「集客はマーケティングの一部に過ぎない」

読者のみなさま、こんにちは!







今年も、あまり計画どおりに仕事がはかど

っていない一方で、年の半分が過ぎようと

していることから、ちょっとあせってきて

いる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●集客はマーケティングの一部に過ぎない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


集客に関心の高いビジネスパーソンは少な

くありませんが、そもそも、商品の品質が

高くなければ、集客しても商品は売れない

ので、販売活動を不要にするための活動で

ある、本当の意味でのマーケティングに取

り組むことが大切です。




[本文]


経営コンサルタントの相馬一進さんのブロ

グを読みました。


(ご参考→ https://bit.ly/2B2aWtK


ブログの要旨は、相馬さんが集客を手伝っ

て欲しいと依頼されることがあるが、ほと

んど断っている。


なぜなら、集客を依頼してくるような人た

ちは、集客が、マーケティングの最後のス

テップにしか過ぎないということを、理解

していないからだ。


商品が売れる要素の大部分は、商品コンセ

プトや販売の流れであり、それらは集客や

告知の良し悪しの何倍も大切である。


したがって、商品コンセプトがよくない商

品は、どんなに集客に注力しても、売上は

増えない、ということです。


私も相馬さんと同じ考えです、というより

も、専門家を名乗るのであれば、このこと

を知らないと恥ずかしいレベルです。


ビジネスパーソンの中には、マーケティン

グのことを、販売促進活動(営業・集客・

告知)のことと理解しておられる方も少な

くないようですが、相馬さんのブログにも

書かれているように、販売促進活動は、マ

ーケティングのほんの一部に過ぎません。


むしろ、ドラッカーは、「マーケティング

の目的は、販売活動を不要にすることであ

る」( The aim of marketing is to make

selling superfluous . )」とまで述べて

います。


とはいえ、この記事の主旨は、学問的に、

マーケティングとはどういうものかという

ことを説明することではないので、どうす

れば事業が成功するかという観点で説明を

続けます。


相馬さんが、しばしば集客の支援を依頼さ

れることからもわかるように、集客に関心

が高いビジネスパーソンはたくさんいるよ

うです。


しかし、そのようなビジネスパーソンは、

自社の商品の「商品コンセプト」(商品の

品質)がよくないために、「集客」でそれ

を補おうとしていることも多いと考えられ

ます。


もちろん、起業して間もないときは、集客

のための活動は必要です。


しかし、長期的には、ドラッカーの言って

いるように、販売活動を不要にするような

マーケティング活動に取り組まなければな

りません。


そうでなければ、いつまでも効率の低い事

業を続けることになり、早晩、ライバルと

の競争に敗れてしまうでしょう。


したがって、いつになっても集客ばかりに

力を入れている会社は、本質的なマーケテ

ィングや事業活動に向き合っていない会社

ではないかと、私は考えています。


では、「マーケティングに取り組むとは、

具体的にはどのようなことをすればよいの

か」という疑問を持つ方もおられると思い

ますが、それは、また、別の機会に述べた

いと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第586回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2NyQrr6


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/XQgErV9HacU


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




年の節目で、毎回、計画倒れを感じること

は、残念なことにいつものことなのですが、

今年はこれまでと違って、今までの仕事で

のご縁がよい方向に回りつつあることも実

感しています。


だからといって、計画通りに仕事を進めて

いないことの理由にはならないのですが、

もし、ご縁がよい方向に進めば、仕事その

ものも加速していくと思っています。


いずれにしても、引き続き、前を向いて頑

張って行きたいと思います。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

[ビジネスのきづき](1292)「リスク管理としてのメインバンク取引」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、東京都中央区日本橋人形町にある、

甲斐信玄鶏専門店の、とり火山さんで、秘

伝のつくねをいただいてきて、とても幸せ

な気分になった六角です。


(ご参考→ https://torikazan.jp/


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リスク管理としてのメインバンク取引

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


自社がピンチになってから銀行に支援の依

頼に行くと、すぐに支援を受けられなかっ

たり、支援を断られる可能性もあることか

ら、リスク回避の観点からも、ピンチでな

いときから、メインバンクと親密な関係を

築いておくことが大切です。



[本文]


経営コンサルタントの赤沼慎太郎さんが、

メインバンクの重要性について、Yout

ube動画でお話しておられました。


(ご参考→ https://youtu.be/kO9z-eNJmxw


私も、これまでメインバンクは重要である

とお伝えしてきました、改めて、メインバ

ンクとは何かということに触れたいと思い

ます。


メインバンクとは、文字通りの意味は、自

社と融資取引のある銀行のうち、最も融資

額が多い銀行のことを指しますが、私や赤

沼さんが、メインバンクが重要と考えてい

る理由は、会社がピンチのときに支えてく

れる銀行だからです。


ところが、単に、融資取引額が最も多いと

いうだけでは、メインバンクは会社がピン

チのときに支えてくれません。


普段から、できれば1か月から3か月おき

に、銀行を訪問するなどして、支店長や融

資課長などと面談し、自社の現在の業況

や、これからの事業の方針などを説明した

上で、自社の事業の発展のためにはメイン

バンクの支援が必要であり、協力をお願い

したいということを伝えておかなければ、

銀行はメインバンクとしての協力はしてく

れません。


ここまでは多くの方にご理解いただけると

思いますが、今回、赤沼さんの動画につい

て触れたのは、事業活動に、新型コロナウ

イルス感染症の影響を受けた会社が、銀行

から融資を受けようとしたとき、メインバ

ンクとしっかりした関係を作ってきた会社

と、銀行とは疎遠にしていた会社では、融

資を受けるまでの手続きに差が表れている

というこをきいたからです。


普段から銀行と親密にしてきた会社は、す

ぐにセーフティネット保証付融資などを受

けたり、リスケジュールに応じてもらえた

りしましたが、融資取引はあっても、融資

契約をした後、ほとんど銀行職員とも接触

してこなかった会社は、ほぼ、純新規と同

様の扱いをされ、なかなか融資手続きに応

じてもらえなかったこともあるそうです。


中には、これまで「当社は無借金で経営す

る」という方針で、どの銀行からも融資を

受けずにきたものの、コロナの影響で融資

を受けざるをなくなり、実際に融資を申し

込もうと思っても、どの銀行へ行ってどの

ように手続きをすればよいのか、なかなか

要領を得ず、融資を受けるまでにだいぶ苦

心したという会社もあるようです。


経営者の方の中には、銀行への定期訪問を

することは面倒と考えている方も少なくな

いと思いますが、前述の通り、銀行との関

係が疎遠になっていると、自社がピンチに

なってから支援を依頼しても、その了解を

取り付けるまでに大きな労力を要したり、

支援を断られる可能性があります。


すなわち、リスク回避の観点から、会社の

業況がよいときから、銀行との良好な関係

を築いておくことは大切です。


会社の中には、手元の資金が潤沢なので、

銀行から融資を受ける必要はないという会

社もあると思いますが、そのような会社で

も、現在は、金利が低く、支払利息もそれ

ほど多くないことから、お付き合いの融資

取引をしておくと、本当に融資が必要にな

ったとき、円滑に融資を受けられるように

なると思います。


繰り返しになりますが、銀行は融資を受け

るときだけ行けばよいと考えずに、ピンチ

のときに力強い協力者になってもらえるよ

う、普段から親密な関係を築いておくこと

が大切ということを、今回のコロナの影響

の中で、改めて感じることができます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第586回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2NyQrr6


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/XQgErV9HacU


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた、とり火山さんの「手ごね粗

挽き生つくね」ですが、材料や製法にこだ

わったつくねで、このお店でしか食べるこ

とができないそうです。


鶏肉のくさみもなく、ふわっとした触感が

人気のようです。


もし、人形町に足を向けることがありまし

たら、ぜひ、とり火山さんにお立ち寄りい

ただき、手ごね粗挽き生つくねを味わって

みてください。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする