2020年07月01日

[ビジネスのきづき](1295)「ビジネスはすぐに結果が出ない」

読者のみなさま、こんにちは!







最近、工業用間接資材通信販売会社のモノ

タロウから、モノタロウブランドの文房具

を買うことにはまっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ビジネスはすぐに結果が出ない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


現在のビジネスは、すぐに結果が出にくい

ものですが、それに気づいていなかった

り、そのようなことを避けようとしたりす

るビジネスパーソンも少なくないので、ビ

ジネスで結果を出すには時間がかかるとい

う前提で臨むことで、ライバルと大きく差

をつけることができるでしょう。



[本文]


先日、経営コンサルタントの相馬一進さん

のブログを読みました。


(ご参考→ https://bit.ly/2CHVC5K


ブログの要旨は、「現代の社会は、インス

タントに、今すぐニーズを満たしてくれる

社会になったため、メンタル的に弱い人が

増えた。


そのような人たちは、すぐに欲求が満たせ

ないとフラストレーションを感じるように

なるが、そのような人たちがビジネスをす

る側に立つ場合、メンタルの弱さはマイナ

スの要素にしかならない。


ビジネスは、すぐに結果が出るものではな

く、起業準備をし始めてから軌道に乗るま

で、数年間かかることはよくあり、インス

タントに欲求が満たされることに慣れてい

ると、その数年間の我慢に耐えられない」

というものです。


極めて妥当な分析であり、多くの方がご理

解されると思います。


しかし、今でも、私に対し、「会社が赤字

でも、すぐに融資を受けられるようにする

方法を教えて欲しい」とか、「すぐに売上

を増やせるようにするにはどうすればよい

のか」といったご相談をして来る方は、少

なくありません。


本旨からそれますが、それらの質問への、

私の回答は、「そのような方法はありませ

ん」なのですが、そのように回答すると、

たいていは、「あなたはコンサルタントな

のに、そのようなことも教えることができ

ないのか」と酷評されます。(笑)


話を戻すと、商品を買う(サービスを受け

る)側が、「すぐに商品を届けて(サービ

スの効果を出して)欲しい」という要求を

出すだけで、その要求を満たしてもらえる

ようになった時代なのであれば、逆に、商

品を売る(サービスを提供する)側は、そ

のようなことを可能にする体制を持つこと

ができるようになるまでには、一朝一夕で

はできないということも、明白でしょう。


ところが、立場が逆になれば、顧客のとき

と同じようにならないということに気づく

ことは、容易なことのようですが、実際に

は、それに気づく人もあまり多くないので

しょう。


そこで、相馬さんの言うように、「ビジネ

スはすぐに結果が出るものではない」とい

うことに気づいているだけで、すぐに結果

を求める多くのビジネスパーソンたちと、

大きく差をつけるということになるでしょ

う。


さらに、私が付け加えたいことがあるので

すが、現在のビジネスは、すぐに結果が出

ないだけでなく、本当の強さは目に見えな

いところにあると思っています。


例えば、「ディズニーリゾートの経済学」

という本によれば、オリエンタルランド社

(OLC)では、東京ディズニーリゾート

(TDR)の敷地に、10〜15mの深さ

で、固めた砂を埋めておくという耐震対策

をしていたため、平成23年3月11日に

起きた東日本大震災のときは、周辺の住宅

地が地盤の液状化による被害が起きたにも

かかわらず、TDRの敷地は、ほとんど液

状化が起きなかったそうです。


(ご参考→ https://amzn.to/387bYk9


その結果、当時、TDRにいた約7万人の

顧客に怪我人は出なかったそうです。


さらに、地震の起きた約1か月後の4月1

5日に東京ディズニーランドが、約1.5

か月後の4月28日に東京ディズニーシー

が再開しています。


OLCが、このような対策を、大規模な地

震が起きる、約30年前から備えていた要

因は、経営者の考え方の差だと思います。


もし、OLCが耐震対策をとっていなかっ

たとしても、東日本大震災のときに、TD

Rの周りの住宅地が液状化しているのだか

ら、TDRの敷地が液状化したとしても、

(顧客に怪我人が出なかったという前提で

すが)経営者は批判されなかったかもしれ

ません。


さらに、このような耐震対策が行われてい

たことも、もし、大規模地震が起きなけれ

ば、外部人たちが知ることにならなかった

と思います。


そのような前提で、同社が耐震対策を行っ

ていたところに、経営者の考え方の水準の

高さが表れていると思います。


そして、その考え方は、耐震対策にとどま

らず、同社が好業績を続けるなど、ほかの

面でも表れていると思います。


繰り返しになりますが、現在のビジネス

は、目に見えるところでの差はつけにくい

ことから、ライバルとの差別化は、目に見

えない部分に、時間をかけて取り組んでい

くということになると思います。


そして、それを実践している会社に対して

は、「簡単にすぐに結果が出て欲しい」と

考えている経営者の経営する会社は、まっ

たく歯が立たないくらい、強い会社になる

でしょう。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第586回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2NyQrr6


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/XQgErV9HacU


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




冒頭で触れたモノタロウは、価格が安く、

かつ、使いやすいところがとても助かりま

す。


単3乾電池が40本で799円、修正テー

プが119円と、とても安いです。


また、モノタロウのロゴマークのTシャツ

も、499円と安いので、2着も買ってし

まいました。


これからもずっとヘビーユーザーになりそ

うです。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする