2017年03月14日

[ビジネスのきづき](89)「『こと』に対する売上」

読者のみなさま、こんにちは。





先日届いた、自分の新刊「図解でわかる

経営の基本いちばん最初に読む本」の

見本を読んだかみさんが、普段は私の

仕事にまったく関心がないにも関わらず、

「おもしろくてわかりやすい」と、言って

くれたので、ちょっとよろこんでいる

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業の支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして

経営コンサルタントとして独立、

がんばる日本の中小企業を応援するため、

今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数

3万部)のビジネス書作家として、

ビジネスを加速させるためのきづきを、

3分間で読めるメールマガジンにして

お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「こと」に対する売上

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



この記事などでこれまで何度かお伝えして

来ましたが、現在は、「もの」ではなく、

「こと」を売らなければならない時代に

なっています。


「こと」というのは、改めて説明すると、

牛どん屋さんでは、牛どんではなく、

「低価格で短時間に食事をとれる」という

利便性を売っているということです。


ところで、自社の商品の価格はどのような

活動で稼いでいるのかということを分析

する手法として、価値連鎖分析という

ものがあります。


とはいえ、今回の記事は、価値連鎖分析を

説明することが本旨ではないので、簡単に

先ほどの牛どん屋さんを例に説明すると、

牛どんそのものの生産活動よりも、商品を

安価に提供できる仕組みと、短時間で

商品を提供できるオペレーションが、

牛どんの価値を作っているということに

なります。


しかし、牛どん屋さんのメニュー表には、

「牛どん並300円」といった、商品に

対して価格が書かれているために、顧客は

「牛どんを購入している」ととらえて

しまいがちです。


ところが、最近は、産み出している価値に

対して代金をもらう事業が現れてきて

います。


そのひとつは、メニコンのメルスプランと

いうサービスです。

参照→ http://www.menicon.co.jp/mels/


メルスプランでは、入会金3,000円と

月額費用(1,800円から)を支払う

だけで、コンタクトレンズの代金は

支払わずに、コンタクトレンズを使う

ことができるというサービスです。


これは、コンタクトレンズという商品を

買うのではなく、コンタクトレンズを

使って、きちんとものが見える暮らしを

過ごすことができるようにするという

サービスに対して代金を支払うという

ことになります。


定額制の別のサービスとしては、東京都

新宿区にある子〓フィーマフィアという

お店が、月額制でコーヒーを飲めるという

サービスを始めています。

参照→ http://coffeemafia.jp/


このお店では、月額2,000円を払えば

コーヒーを何杯でも飲むことができます。


会員でない場合は、1杯200円ですから

11回お店に行けば得をするということに

なります。


ただ、このお店が、コーヒーという飲み

ものを提供するお店ではなく、やすらぎを

与えるお店という考え方で事業を行って

いるとすれば、2,000円はコーヒー

10杯の値段ではなく、やすらぎの対価

と言えるでしょう。


これまでは、「こと」を売りながら、

売上は「もの」の価格というところ

ばかりでしたが、これからは、売上も

「こと」に対する売上になる事業が

増えてくるのかもしれません。


そして、それは、自社の事業をより

明確にすることにもなると思います。


どうすれば適正な対価が得られるかと

考えている経営者の方は、「こと」を

売って、さらに、「こと」の対価を

得るという方法を検討してみることに

よって、業績の改善の手がかりになる

かもしれません。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私の新刊は、3月22日(水)に店頭に

並ぶ予定です。


もちろん、ネット書店でも同じ日に受け

取れる予定です。

http://amzn.to/2lu3fU4


私が本を書くときの方針ですが、単に、

知識を書くということではなく、理屈を

書くということを心がけていることから、

経営に関する知識がない人が読んでも、

「こういう理屈なのか」というように、

頭に入りやすくなっています。


わかりやすい本というのは、平易に書く

というだけでなく、起承転結で書くと

いうことだと思います。


ご関心のある方は、ぜひ、手もとに

置いていただけると幸いです。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。