2017年04月09日

[ビジネスのきづき](115)「本物の決算書と真実の決算書」

読者のみなさま、こんにちは。




先日、ページプリンタでドラムが消耗した

ので、買いかえようとしたら、プリンター

本体とほぼ同じ価格だったこと驚いて

しまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●本物の決算書と真実の決算書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私がこれまでお会いしてきた方で、少な

からぬ数の会社経営者の方と、一部の

税理士の方の中に、本物の決算書と真実の

決算書の違いが分からないという方に

お会いしてきていますので、今回は、

両者の違いについて説明します。


ところで、本物と真実は、ほぼ同じ意味

ですが、少し違いがあります。


ここでいう本物とは、にせものではない

という意味で、真実とはいつわりがない

という意味です。


銀行の融資手続きに関しては、よく、

税務署の受付印を押印したものを提出

するように言われますが、これが、

本物の決算書です。


決算書に関する本物とは、税務署に提出

した(税務署の受付印のある)決算書の

ことと言ってもよいのですが、厳密には

株主総会で承認(会社法第438条等)を

得た決算書のことです。


すなわち、本物の決算書とは、株主総会の

お墨付きを得ているという点でにせもの

ではないということを指します。


ここで、少しややこしいのですが、株主

総会の承認を得ているという点で、本物の

決算書はにせものではないのですが、

だからといって、本物の決算書には、

いつわりがないということには

なりません。


いつわりがないということはどういうこと

かというと、簡単な例をあげて説明して

みます。


例えば、毎年、約500万円の減価償却を

行っていた会社があったとします。


しかし、当期の業績が芳しくないため、

当期は減価償却を行わなかったとします。


その結果、利益が300万円となり

ました。


これを株主総会に諮り、承認を得たと

します。


このことによって、300万円の利益を

計上した決算書は、本物の決算書となり

ます。


しかし、この、300万円の利益を計上

した会社の決算書は、いつわりがないと

いうことがいえるでしょうか?


本来なら、例年通り500万円の減価

償却を行い、200万円の赤字を計上した

決算書が、いつわりのない決算書と言える

でしょう。


これが、真実の決算書です。


ただ、ここでいう真実の決算書とは、

会社がいわゆる二重帳簿を作成していて

2つの決算書があり、そのうちのひとつを

指すということではありません。


いつわりなく決算書を作成したとすれば

こうなったであろうという架空の決算書

のことです。


では、ここで何が問題になってくるのか

というと、前述のような例では、減価

償却を行わないことで利益を計上した

会社の経営者は、自社の事業は黒字で

あると考えてしまうことです。


一方、銀行は、たとえ本物の決算書の

提出を受けたとしても、減価償却が

十分でなければ、銀行の内部で本物の

決算書を修正して真実の決算書を作成

しています。


よって、銀行はその会社を赤字の会社

であると判断します。


そして、社長と銀行の間で認識が

異なると、融資の申し込みをしたときに

両者で話しが〓み合わなくなります。


そのようになったときに、社長は

「銀行が貸し渋りをしている」と感じて

しまうかもしれません。


会社が利益を計上し、それを株主総会で

承認したということまでは事実ですが、

だからといって、その会社は本当に黒字

であるかどうかという観点から見れば、

いつわりがないとは言えないでしょう。


そして、最も避けなければならない

ことは、表面的に利益を計上することで

安心してしまい、真に利益をえるための

活動に目を向けなくなってしまうこと

であると私は考えています。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



冒頭のプリンタの価格ですが、一見、

高そうな書き方をしましたが、実は、

8,000円程度でした。


そして、替えのドラムも8,000円

余の価格でした。


この価格が妥当なのかどうかといえば、

恐らく妥当なのでしょう。


このような価格設定に対して、賢い

消費者の方々は、ドラムの交換時期が

きたら、プリンタそのものを買い

替えることをしているそうです。


それがいいことか悪いことかということ

までを、私は述べることはできませんが、

本体までを買い替えてしまうと、設定

などが面倒だから、ものぐさな私に

とっては、ドラムだけを買いかえる

ことを続けることになりそうです。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。