2018年02月27日

[ビジネスのきづき](439)「付加価値にこだわる」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、新宿花園神社にいったときに梅の花

がさいているところ見て、暦だけでなく、

本当に春になったことを実感した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●付加価値にこだわる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



会社の赤字の原因の多くは、粗利益(≒付

加価値)が少ないことです。


(ちなみに、粗利益の少なさ以外で赤字に

なる原因としては、過剰設備、不良在庫の

発生、回収不能債権をかかえるというもの

があります)


仕入れた商品に、十分な付加価値を加えた

金額で販売ができなければ、人件費、設備

費などの固定的な経費に充てることができ

ずに、事業は赤字になります。


これは会計的な観点ですが、経営的な観点

からは、赤字の事業は顧客から価値が少な

い商品を提供している事業と判断されてい

ることであり、それは意味のない事業とい

うことができます。


そして、このような事業を営んでいる経営

者の多くは、「競争が厳しいので、この価

格でしか商品を売れない」という言葉を口

にします。


これは、その会社がおかれている経営環境

を伝えているとは思うのですが、私は、そ

れはあまり意味のない言葉であると思って

います。


ここからは、上から目線のように思われる

ことをご容赦いただきたいのですが、経営

環境が厳しい中で事業を行っている限りで

は、消耗戦になってしまうことは至極当然

です。


だから、「競争が厳しいので、この価格で

しか商品を売れない」という説明は事実な

のですが、この言葉からは改善の手がかり

はほとんど得られません。


ただし、ひとつだけ得られる手がかりがが

あり、それは、血みどろの戦いが行われて

いるレッドオーシャンから、競争相手のい

ないブルーオーシャンに、自社の事業を移

すということです。


すなわち、事業展開する場所(顧客、商

品など)を変えるということです。


それをしないで、「競争が厳しいので、こ

の価格でしか商品を売れない」と口にする

ことしかしないのであれば、事業はますま

す先細っていくだけです。


とはいえ、「レッドオーシャンからブルー

オーシャンに移ることは、口で言うほどや

さしくない」と考える方が圧倒的に多いと

思います。


正直、私もそう思っています。


ただし、事業の場所を変えるといっても、

お店を隣町に移すというような物理的な移

転や、商品を変えるといっても、酒店がコ

ンビニエンスストアに変わるというような

業種の変更だけではありません。


たとえば、以前もご紹介しましたが、プロ

野球チームの横浜DeNAは、従来は、売

上をあげるには、試合に勝つことと考えて

いたものの、球場で応援を楽しんでもらう

ことでファン(顧客)の満足は高まると考

えて、球場の座席をチームカラーにする、

グラウンドにせりだしたエキサイティング

シートを設けるといった工夫を行ったこと

で、チームの成績は5〜6位であっても

単年度黒字にしたという例もあります。


すなわち、プロ野球球団という事業であり

ながら、「商品」の定義を、「試合に勝つ

こと」から、「ファンに応援を楽しんでも

らうこと」に変えることで、事業領域をブ

ルーオーシャンに移すことができたと、私

は考えています。


(ご参考→ https://goo.gl/FiKUtH


もうひとつ例を挙げると、仙台市の郊外の

温泉で有名な秋保にある、スーパーマー

ケットの「主婦の店さいち」では、店舗面

積約80坪だけで、年間約6億円を売り上

げており、1日約5,000個売れている

おはぎだけで、その売上の約半分を占めて

いるそうです。


業種としてはスーパーマーケットなのです

が、なぜ、このお店が約6億円の年商があ

るかといえば、おはぎなどの総菜の作り方

や、それを製造するパートの主婦の教育法

です。


このお店では、ライバルは「家庭の味」と

考えており、いわゆる「既製品」でない味

を求める人たちに支持されています。


(ご参考→ https://goo.gl/BFoYtn


ここまで例を2つ示しましたが、話を戻す

と、「競争が厳しいので、この価格でしか

商品を売れない」という状況であれば、付

加価値を認めてもらえる事業を行うべきで

あり、それは、必ずしも、設備の新調や、

場所の移転など、物理的な変更をともなわ

ないで行うこともできるということです。


そして、実は、これも口で言うほどやさし

いことではありません。


詳細は割愛しますが、事業にたずさわる人

たちの考え方を変えたり、スキルを高めた

りすることの方が、いわゆる業種転換など

よりずっと難しいでしょう。


だからこそ、そこに経営者の手腕が問われ

ていると私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第464回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/iUVMDt


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/Yjq0rJIqxjg

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

3月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Nh7EnU



「スカイプ相談実施日」

3月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

3月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

3月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

3月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



1月はつばきの花をよく見かけましたが、

梅を見ると、2月になったということを実

感することができます。


そして、3月はいよいよ桜の季節。


すでに、私は、3月下旬に、出版関係者の

方と、お花見会を企画しています。


心おきなくお花見会を迎えるためにも、早

く確定申告を終えたいと思います。(^-^;










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。