2018年09月06日

[ビジネスのきづき](630)「経営者と銀行の赤字に関する認識の違い」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、気まぐれでかみさんがけんちん汁を

作ったので、調子にのって2回もおかわり

をしてしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.4万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経営者と銀行の赤字に関する認識の違い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





これは、私がこれまで何度も述べてきたこ

となのですが、今回、赤字に関する銀行と

会社経営者の認識の違いについて、改めて

述べたいと思います。


融資をしている会社が赤字になると、いっ

たん、銀行は、その赤字をそのまま受け止

めます


たとえ赤字であっても、事業は続いていく

だろうとか、一時的なものかもしれないと

いう観点で見ることはしますが、赤字の会

社は赤字の会社です。


少なくとも好ましい状況ではありません。


そして、詳細は割愛しますが、銀行は赤字

の会社に対して警戒を始めます。


一方、赤字になった会社経営者の多くは、

赤字になったことをあまり深刻に受け止め

る方は少ないようです。


中には、赤字になったことを重く受け止め

る経営者の方にお会いしたこともあります

が、残念ながら、そのような方は少数派で

した。


では、なぜ、多くの経営者の方は赤字につ

いて、あまり敏感ではないかというと、そ

の理由のひとつは、現在の経営環境は中小

企業にとって逆風下にあるから、会社の事

業は赤字になることはやむを得ないと考え

ているからのようです。


でも、それは表向きであり、実際は、赤字

になったからといって、直ちに事業は行き

詰らないからです。


それはなぜかというと、事業が赤字であっ

ても、資金繰は直ちに底をつかないからで

す。


そこで、まだ資金があるので、そのうちに

挽回すれば大丈夫だと、安易に楽観視して

しまうのでしょう。


もうひとつの理由は、多くの中小企業の場

合、組織としては会社であっても、実際は

経営者個人の信用、いわゆる「顔」で事業

を営んでいるという面もあると思います。


例えば、多くの会社は、「赤字の会社に対

しては商品を販売(購入)したくない」と

いう方針を持っていると思いますが、経営

者が「どうか、自分の顔を立てて、自社に

商品を販売(自社の商品を購入)して欲し

い」と頼み込めば、会社が赤字であること

の影響は少なくなります。


いわゆる「浪花節」です。


そして、今回の記事の結論は、会社の事業

が赤字になった場合、それを直ちに改善す

る活動に取り組むべきということなのです

が、その前に、これからのビジネスは「浪

花節」は通用しなくなっていくということ

も強調したいと思います。


それは、現在のビジネスの世界では、年を

追って透明性が求められつつあり、当事者

にしかわからない事情で決定が行われるこ

とは批判されるようになってきています。


私が銀行職員時代には、赤字の会社に対す

る融資の稟議書を書いているとき、その案

件を取り上げようとする理由に事欠いて、

「経営者の人がらは極めて良好であり、主

力銀行として引き続き支援したい」という

決まり文句を書くことがあったのですが、

いまは、そのような抽象的な理由はまった

く考慮されなくなっているでしょう。


そのような背景を考えると、これからは、

中小企業であっても、決算書の数字に敏感

になっていく必要は高まっていると考えま

す。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第491回を

配信しました。


今回は、日本マクドナルドOBで、経営コ

ンサルタントの松下雅憲さんから、上手な

飲食店の運営方法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2wwkZ3U


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/0wj2973ispc

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の9月〜10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







「信用保証協会徹底活用セミナー」

9月14日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

9月18日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

9月25日(火)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/N9rbCL




「融資に強くなる勉強会」

10月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/nQmTk8






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






かみさんがけんちん汁を作ったのは、里芋

が売っていたからのようです。


里芋も秋の味覚ですね。


けんちん汁でいただくのもおいしいですが、

単に蒸した芋に醤油をつけていただくのも

だいすきです。


これからも食欲の秋を満喫していきたいと

思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。