2020年01月28日

[ビジネスのきづき](1140)「事業計画は画餅か?」

読者のみなさま、こんにちは!







先ほど、たまたま自分のアメーバブログを

見たところ、気づかないうちに、読者数が

1,000人を超えていて、ちょっとうれ

しくなっと六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●事業計画は画餅か?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




富山県高岡市にある鋳物メーカー、能作の

社長、能作克治さんへのインタビュー記事

が、ダイヤモンドオンラインに載っていま

した。


(ご参考→ https://bit.ly/3aKo6s3


記事によれば、同社では、従業員向けの教

育や研修をしていないそうですが、従業員

の方から、「社外でこんな勉強会があるの

ですが、どうしても行きたいんです」とい

う提案があったときは、能作さんは一切反

対せずに、どんどん参加させているそうで

す。


ちなみに、能作さんは2002年に社長に

就任しているそうですが、現在、同社は、

その時と比較して、売上高が10倍、従業

員数が15倍と、大きく成長しているそう

です。


ところで、私のことで恐縮ですが、私が銀

行に勤務していた時は、キャリア形成のた

めに外部研修に参加しようとすると、上司

からは、「それを受講したら、どれだけ会

社に貢献できるのだ」と、実質的には拒絶

の回答をされていました。


そこで、どうしても受講したい研修は、自

分の休暇を使い、自腹で参加費を払って参

加していたりしました。


ところが、私が上司から言われた、「その

研修を受講したら、どれだけ会社に貢献で

きるのだ」という問いですが、後から考え

て見たら、逆に、「受講したら、会社にど

れくらい貢献できるかが計測できる研修」

など、ほとんどないのではないかというこ

とに気づきました。


要は、研修費用が惜しいために、上司が私

に対して方便を使っていただけのことなの

でしょう。


だから、経営者の方が、「従業員に研修を

受講させても、直接的、かつ、迅速な効果

が得られることが期待できない」という理

由でもって研修を受講させることを避けて

いては、従業員は育成できないと言えるの

ではないかと思います。


しかし、これが今回の記事の結論ではあり

ません。


私が気になったことは、能作の従業員の方

たちは、なぜ、「社外でこんな勉強会があ

るのですが、どうしても行きたいんです」

と、社長に提案してくるのかということで

す。


もし、社長が従業員の方に研修を受講させ

たいと考えていたとしても、従業員の方が

研修を受講したいと考えなければ、社長の

思いは意味がありません。


このように述べては失礼ですが、中小企業

では、自ら研修を受けたいと考える従業員

の方は、少数派というのが実情だと思いま

す。


でも、同社ではそのような提案をしてくる

従業員の方がいるという理由は、私は、直

接、同社を取材していないので、想像でし

かないのですが、同社では権限移譲が進ん

でいるからだと思います。


前述の記事では、能作さんは、「日本の9

割の会社は事業計画のようなものを作って

いるが、そのような画餅を従業員に伝えて

も意味がない」と述べておられます。


この文章だけを見ると、能作さんは事業計

画を否定的に考えているように受け止めら

れますが、私は能作さんが否定的に考えて

いるものは、「経営者が作って従業員に押

し付ける事業計画」であって、同社では、

結果として、現場レベルでどのように事業

を進めて行くかを決めているのであり、決

して、成行で事業に臨むべきだと述べてい

るわけではないと思います。


そうでなければ、従業員の方が社外の勉強

会に参加したいと考えるような環境にはな

らないでしょう。


そこで、経営者の方が真に取り組まなけれ

ばならないことは、権限移譲を進めるとい

うことになると思います。


ただ、それは一朝一夕には進まない難しい

取組です。


では、権限移譲を確実に実践するためには

どういうことをすればよいのかというと、

話が飛躍するように思われるかもしれませ

んが、私は、BSCの導入だと考えていま

す。


なぜ、BSCを導入すると権限移譲が進む

のかということについては、別の機会に述

べたいと思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第564回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の上野光夫先生に

お越しいただき、今後の地方銀行の動向に

ついてお尋ねしました。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/37nmum5


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/7Vdx0eNDGOw


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2




「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第5刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたアメーバブログですが、読者

数が1,000人を超えている人はたくさ

んいますが、私のような、無名なものが1

日1回程度しか更新していないにもかかわ

らず、1,000人を超えたというのは、

うれしく思います。


ただ、1日のアクセス数が少ないので、こ

れからは、アクセス数も増やすようがんば

りたいと思います。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。