2020年05月23日

[ビジネスのきづき](1256)「リースと融資の関係」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、知人から香川県のメーカーの生うど

んをいただいたのですが、かみさんと長女

から、私にゆでて欲しいと言われ、約20

分間かけてうどんをゆでた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リースと融資の関係

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


中小企業が、リースを利用することによっ

て、銀行からの融資枠を温存できるという

考え方が、かつて、存在したものの、これ

からは、リース利用額も融資額と同様に扱

われるようになっていくと思われます。



[本文]


前回は、中小企業はリースを利用しても、

貸借対照表にはリース利用額は計上されな

いものの、大企業のように、リース会計に

基づいてリース債務が負債として計上され

るとみなされて融資審査が行われるという

ことについて書きました。


今回も、引き続き、リースと融資の関係に

ついて説明します。


かつて、リースを利用して設備を調達する

と、設備資金としての銀行融資を受けなく

てすむので、その分だけ、銀行からの融資

枠を温存できるという利点があると言われ

ていたことがありました。


私は、この考え方は、半分は妥当であり、

半分はあてはまらないと考えています。


まず、妥当と考える理由ですが、リースに

よって、銀行融資よりも多額の支援を期待

できるからです。


というのは、これも、以前、お伝えしまし

たが、リースは銀行融資と異なり、リース

物件の所有権はリース会社にあるので、

リース物件は、リース会社から見て、ユー

ザーのリース会社に対するリース料支払い

義務の実質的な担保になっています。


一方、銀行融資では、動産は担保にしない

か、担保にしたとしても、取得価格よりも

低くしか評価しないので、設備を調達する

ときは、銀行融資よりもリースの方が、多

額の支援を得られやすいと考えられます。


そういった面では、リースは、設備の調達

には向いており、銀行融資を利用するより

も多くの設備調達ができる可能性がありま

す。


ただし、これも、以前、説明したように、

リースを利用すると、ユーザーがリース会

計を適用していても適用していなくても、

銀行からみて、その会社のリース料の未払

い額は、融資を受けている額と同等にみな

されます。


したがって、リースを利用したからといっ

て、必ずしも、「融資枠(=銀行から融資

を受けられる見込み額)」を温存できると

も言えません。


以上のような理由から、リースを利用する

と、必ずしも銀行からの融資枠を温存でき

るということにはならないものの、設備の

調達にあたっては、銀行融資よりも多額の

支援を期待できるので、積極的に活用する

ことが望ましいと、私は、考えています。


ただ、繰り返しになりますが、私は、リー

スを積極的に活用することが、会社の資金

調達を容易にすることになるものと考えて

います。


次回は、リースの総合的な評価について説

明する予定です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第580回を

配信しました。


今回も、この番組の制作者である、中小企

業診断士の六角が、新型コロナウイルス感

染症の影響を受けている中小企業への、資

金繰支援策についてご説明いたします。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/3dM9rxa


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/69fNtoi3dWs


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたうどんですが、かみさんは、

麺類をゆでることが苦手なようです。


麺をゆでることは簡単なことのように思え

ますが、お湯の量を測ったり、ゆで時間を

計ったりすることが面倒なようです。


でも、決められたお湯の量で、決められた

時間を辛抱してゆでれば、おいしくゆであ

がるので、忍耐力さえあれば、その報いは

得られます。


でも、確かに、いただいたうどんのゆで時

間が20分間というのは、ほかの麺類と比

べると、ちょっと長いかもしれません。^^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。