2020年05月27日

[ビジネスのきづき](1260)「残業ゼロにするための条件」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、やっとZopfのパンが手に入った

ものの、あまりにもおいしいためか、かみ

さんと長女がどんどん食べてしまい、ちょ

っと悲しくなった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●残業ゼロにするための条件

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


時短は、経営者が口だけで指示するたけで

は実現できず、経営課題として率先して取

り組む必要があります。



[本文]


日本経済新聞編集委員の石塚由紀夫さんの

著書、「味の素『残業ゼロ』の改革」を拝

読しました。


(ご参考→ https://amzn.to/36oh2zM


私は、これまで「時短」について、いくつ

かの疑問を持っていたのですが、同書を読

んで、それらの疑問がなくなりました。


それらの疑問とは、(1)時短の実態は人

件費カット目的ではないか、(2)経営者

が時短を口にしても、実際には従業員に勤

務時間を短くしろと指示することしか行わ

れていないのではないか、(3)1社だけ

が時短をしようとしても、顧客や取引先の

都合で、実践が困難なのではないか、とい

うものです。


同書によれば、前述の私の疑問に関し、次

のように書かれていました。


まず、味の素では、時短によって生れた利

益は、人材に再投資することを経営者が明

言し、実際にベースアップも行われ、勤務

時間が減ることによって従業員の収入が減

らないようになっているそうです。


残業が減ることそのものも、従業員にとっ

てはメリットですが、そのことよりも収入

が減ってしまうことを嫌い、時短を歓迎し

ない従業員が抵抗勢力になってしまうと、

それが実現できなくなりますが、その点に

ついては、同社では問題はなさそです。


次は、経営者が勤務時間の短縮を指示する

だけになっていないかということについて

も、同社では経営課題として位置づけられ

ているようです。


その解決方法はひとつだけではありません

が、例えば、RPA(ロボティック・プロ

セス・オートメーション)を導入したり、

ペーパーレス化などによって、勤務時間を

短縮できるような投資が行われています。


3つめの、取引先との関係ですが、これは

完全に解決できてはいないものの、社長自

らが取引先の経営者に、「当社は4時30

分に終業します」と伝えているそうです。


これは、取引先からは、「味の素のわがま

ま」と映るかもしれないものの、「いずれ

は、1社だけではなく、日本全体がそうな

る」と考えて実践しているそうです。


同社の時短への取り組みは、まだ達成され

た訳ではなく、引き続き実践されていくよ

うですが、同社のように、経営者が自ら経

営課題として取り組んでいる会社が現れた

ことを、私は、とても評価できるものと考

えています。


ただ、同社のような取り組み方が、本来の

時短の実現の方法だと思うのですが、私が

同社の取り組みを珍しく感じるのは、現在

までは、残念ながら、経営者がアリバイ的

に「時短」を口にしている例が多いからだ

と思います。


それに加え、これからは、新型コロナウイ

ルス感染症の影響により、事業活動にさら

なる工夫が必要になる上、人手不足が増々

深刻化してく中にあっては、時短を達成で

きるかどうかが、事業の継続の直接的な要

因になっていると思います。


したがって、必然的に、同社のような取り

組みをする会社はこれからも増加すると思

われ、さらに、それに早く着手した会社ほ

ど、ライバルとの競合上も優位になるもの

と、私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第581回を

配信しました。


今回も、この番組の制作者である、中小企

業診断士の六角が、新型コロナウイルス感

染症の影響を受けている中小企業への、資

金繰支援策についてご説明いたします。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/3cVfUWE


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/KBCCLHQmHnI


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたZopfのパンですが、久々

に本当においしいパンを食べることができ

たと思っています。


失礼ながら、小さなパン店なのに、高い競

争力のある商品だと思います。


これからは、会社の規模が、必ずしも強い

商品をつくることになるとは限らないとい

うことを、改めて実感しました。


これからも、Zopfには注目していきた

いと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。