2020年07月09日

[ビジネスのきづき](1303)「兎角亀毛」

読者のみなさま、こんにちは!







最近は、暑い日が続くので、髪を洗う時に、

ひんやりシャンプーを使って、爽快感を感

じることが楽しみになっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●兎角亀毛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





[要旨]


事業を営んでいれば、リスクを避けるこ

とはできないものであり、それを避けよ

うとせず、うまく対処する能力を持つこ

とが、経営者としての能力が問われる所

です。



[本文]


先日、実業家の堀江貴文さんが、東洋経済

に、事業とリスクに関するコラムを寄稿し

ていました。


(ご参考→ https://bit.ly/2YYLtKK


その要旨は、仏教の教えに、「兎角亀毛」

(とかくきもう)というものがあり、それ

は、「うさぎに角があるわけではないし、

かめに毛が生えるはずもないのだから、そ

んなものについて考えても意味がない」と

いうものだ。


ところで、多くの人は、「死んだらどうな

るのか」とか、「人生の目的は何のか」な

どと、将来を憂うことを考えてしまうが、

そのような考えは、堀江さんにとっては、

兎角亀毛のように、考えることに意味がな

いことだ。


なぜなら、人生にはリスクはつきものであ

り、それらは避けようとしても避けること

はできないからだ。


しかし、そうでありながら、人によっては

将来のリスクにおびえ、常に将来のことを

心配してしまう。


例えば、堀江さんが運営しているオンライ

ンサロンでも、「この案件、おもしろそう

だし、あなたがやってみたら?」と堀江さ

んが勧めると、「やってみます!」と即答

する人がいる一方で、いろいろと理屈をこ

ねて、最後の最後までやろうとしない人も

いる。


そのような一歩を踏み出すことができない

人は、リスクに打ち負けてしまう程度の意

欲しか持っていないということだ。


「本当にやりたいこと」を見つけた人とい

うのは、多少のリスクがあっても、勝手に

突っ走り始めるものだ、というものです。


私も、堀江さんと考えは同じです。


そして、私がこれまで見てきた経営者の方

たちは、堀江さんほどではなくても、リス

クを、(いい意味で)楽しんでいる方の割

合の方が、そうでない方の割合よりも高い

と感じています。


すなわち、リスクにびくびくしている人は

少数派だと思っているのですが、それは、

リスクにびくびくしている人が少数という

よりも、リスクにびくびくしている人は、

経営者には向かず、自ら「経営者」を辞め

ていった結果だと思っています。


だからといって、単に、経営者はリスク志

向であればよいのかというと、私は、それ

だけでは不足すると思っています。


リスクに立ち向かうには、それに対する十

分な備えをしておくなど、リスクが顕在化

した時にきちんと対処できなければ、事業

の継続も難しくなります。


例えば、現在、新型コロナウイルス感染症

の影響で事業活動が思うようにいかない会

社が多いと思いますが、前もってBCPの

策定をしていた会社は、その影響を減らす

ことができています。


逆に、リスクを恐れていないとしても、後

先考えずに、何の備えもせずに事業に臨ん

でいるだけの会社は、早晩、事業が立ち行

かなくなるでしょう。


すなわち、私は、経営者の能力は、事業活

動ではリスクを避けることができないもの

の、それをどうコントロールするかという

ところで発揮されると考えています。


もうひとつ付け加えたいのですが、リスク

にびくびくしている経営者の方は、すべて

ではありませんが、事業方針を問うと、事

業を拡大したいと答える方が少なくありま

せん。


私は、事業は、必ずしも拡大する必要はな

く、縮小均衡という言葉もあるように、規

模が大きくなくても、利益が得られていれ

ば継続することができます。


もし、事業活動をするにあたって、リスク

を避けたいのであれば、商品の付加価値を

増やしたり、支出を減らしたりする手法を

とればよいのですが、リスクを避けたいと

思いつつ、事業も拡大したいと希望してい

るという矛盾する考え方を同時に持ってい

る経営者の方に会うことがあります。


これは私にもあてはまりますが、人は、無

意識のうちに、互いに矛盾した考え方を、

同時に持ってしまうこともあるので、その

ような経営者の方がいることは、あり得る

ことだとは思うのですが、会社経営者の方

は、一般の方と比較して、重い責任を担っ

ていることから、矛盾した考えを持つこと

は、避けなければなりません。


そう考えれば、経営者の資質とは、リスク

とどう付き合うのかということに尽き、そ

して、それは堀江さんも指摘しているとこ

ろでもあると思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第587回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/38qJcuU


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/gLdfb5w0VVQ


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




ひんやりシャンプーというと、私は、山形

県の「冷やしシャンプー」を思い浮かべま

す。


山形県の理容店では、暑い季節になると、

冷蔵庫で冷やしておいたメントール系シャ

ンプーで、利用者の頭髪を洗うサービスを

しているそうです。


さらに、冷やし中華を提供するようになっ

た料理店のように、「冷やしシャンプーは

じめました」というのぼりを理容店が出す

そうです。


私は、実際には、冷やしシャンプーを体験

したことはないのですが、機会があれば、

山形県に行って、冷やしシャンプーで頭を

洗ってもらおうと思っています。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。