2017年08月23日

[ビジネスのきづき](251)「経営コンサルタント」

読者のみなさま、こんにちは。






いっしょに暮しているねこから、毎朝、

催促されて、マッサージをすることが

日課になっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経営コンサルタント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



経営コンサルティングを利用する中小

企業は、割合としてはまだ少ないよう

です。


しかし、私がこれまで見てきた会社では、

業績のよい会社ほど、コンサルタントを

上手に活用しており、一方で、コンサル

ティングを受けた方がよいのではないか

と感じる会社では、コンサルティングを

あまり活用しようとしていないと感じて

います。


では、コンサルタントを利用しない

会社が、なぜコンサルティングを受け

ないかという理由としては、コンサル

ティングフィーが高いと感じている

ことが挙げられるでしょう。


ただし、コンサルティングフィーが

不採算ということは、本来、ありえない

ことです。


なぜなら、コンサルタントは、コンサル

ティングフィーを超える利益を顧問先に

もたらすことを前提に顧問契約を結ぶ

はずだからです。


コンサルティングの対象が、主に間接

部門の場合、直ちに利益となって現れ

ないこともありますが、そのような

場合であっても、少なくとも、コンサル

ティングフィー相当額以上の経費が

節約できるようにしなければならない

はずです。


それでも、コンサルティングの効果は

客観的に計りにくいことから、コンサル

ティングを依頼したにもかかわらず、

当初期待したよりも効果がなかったと

経営者の方が感じる例も多いようです。


とはいえ、コンサルティングの効果が

出ない場合、その原因は、コンサル

タントの側とコンサルティングを受ける

側の両方にあります。


コンサルタントの側の原因としては能力が

低いということが主な原因ですが、コン

サルティングを受ける側の原因としては、

業績を向上するためのポテンシャル(潜在

能力)が少なかったり、表面的には事業を

改善したいと言いつつも、本音の部分では

自社は現状を変えずに、面倒な部分をコン

サルタントに代わりに請け負って欲しいと

考えてたりする場合が考えられます。


中には、悪質なコンサルタントもおり、

巧妙に経営者に取り入って顧問契約を

結び、高額なコンサルティングフィーを

受取った後は、適当なコンサルティング

しかしないという例もあるようです。


このようなことが起きてしまう原因の

ひとつは、”経営コンサルタント”を

なのることに法律上の規定がないと

いうことが挙げられます。


経営コンサルティングに関する国家資格

として中小企業診断士がありますが、

中小企業診断士でなくても経営コンサル

ティングを行うことは可能です。


(もちろん、中小企業診断士でない経営

コンサルタントの中にも、経営コンサル

タントとして優秀な実績を持っている

方がたくさんいます)


結論としては、経営コンサルティングは

そのフィー以上の効果が得られることが

前提となっているにもかかわらず、その

効果が計りにくいことから、あまり利用

されていないということが考えらえると

いうことです。


そして、業績のよい会社は積極的に経営

コンサルタントを活用しており、コンサル

タントのよしあしを峻別する目をもつ

ようにすることと、真に業績を改善したい

という意思のもとに、その体制を整えた

上でコンサルタントを活用することが、

業績の向上の速度を上げることになると

いうことです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第437回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の上手な育成方法に

ついてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

http://bit.ly/2wUHq25






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx



「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2



「スカイプ相談実施日」

9月6日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

9月13日(水)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

9月20日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



他のねこは、あごの下をなでると

よろこぶのですが、私といっしょに

暮しているねこは、どういうわけか、

背中を叩くよう催促してきます。


いずれにしても、マッサージをする

側も癒されるので、毎日の習慣に

なってしまいました。









◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

[ビジネスのきづき](250)「撤退」

読者のみなさま、こんにちは。






毎日、自分の星座占いを見ていて、運勢の

悪い日は「きょうは最悪だ」と感じる

一方で、運勢のよい日は「明日から運勢は

悪くなってしまう」と落胆し、どちらに

しても、星座占いを見て気分が落ち込んで

しまう六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●撤退

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私の住まいの近隣にある小売店などを

見ていると、早期に撤退をしている

小売店や、飲食店ほど、会社の業績は

よいと、私は感じています。


早期に店舗などを撤退することは、

不採算な部分をなくし、会社全体の

利益を維持させることにつながります。


こういった面で、撤退のタイミングを

いつにするのかということは、事業

運営上、重要なポイントとなります。


ところで、この撤退を決めるという

ことは、意外と難しいことのようです。


その理由のひとつは、撤退が正しいか

どうかということは、結果論になり

やすいということです。


すなわち、正解は前もってわかり

にくく、撤退した後に、撤退しな

かった方がよかったということも

起こりやすいため、撤退の決定を

出しにくいということです。


ふたつめの理由は、感情的な理由です。


前述の小売業の店舗の例では、当初、

出店したときに、その出店について

社内で大きなイニシアティブを持って

いる人が関わっていたときに、それを、

後になって、出店したことを否定する

ことになる撤退を決めることは、人間

関係の観点から難しいということも

あるようです。


そのため、撤退のタイミングが遅れ、

損失額が膨れてしまうということも

起きるようです。


ところで、ボストンコンサルティング

グループ(BCG)が考案した、プロ

ダクトポートフォリオマネジメント

(PPM)という著名な管理手法が

あります。


自社の事業(厳密には、SBU(戦略

事業単位))を、金のなる木、花形、

問題児、負け犬に分類し、効率的な

資源配分を決めるためのものです。


この「効率的な資源配分」には、撤退

する事業を決めることも含まれます。


事業の撤退の判断は難しいということは

前述したとおりですが、PPMで一定の

基準を決めることで、その決定を促す

ことができるようになった面もあります。


結論は、冒頭で「早期に撤退をしている

小売店や、飲食店ほど、会社の業績は

よい」と述べましたが、それは、撤退が

早いということよりも、事業の撤退を

含め、事業に関する意思決定を迅速に

行うことができる体制が整っている

ということだと私は考えています。


だからこそ、撤退できる会社は、業績も

よいのではないでしょうか。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第437回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の上手な育成方法に

ついてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

http://bit.ly/2wUHq25






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



人は、仕事が順調なときもありますが、

あまりよくないことが続くこともあり、

そういうときは、運勢を見て、「なる

ほど、いまは運がよくない時期なんだ」

と納得できるときがあります。


でも、運勢がどうであれ、最終的には、

自分がどれだけ努力したかが問題に

なるのだと思います。


私も、占いで一喜一憂しなくてすむよう

心を強くするとともに、常に努力を怠ら

ないように心がけたいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

[ビジネスのきづき](249)「多角化戦略」

読者のみなさま、こんにちは。






最近の長雨で、少し快適に過ごさせて

いただいている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●多角化戦略

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



多角化戦略は多くの方がご存知です。


また、これを実践している会社も多い

でしょう。


まず、多角化戦略とはどういう戦略かと

いうと、自社の既存の製品でない新しい

製品を、自社の既存の顧客でない新しい

顧客に販売する戦略です。


そして、この多角化戦略にはいくつかの

種類があります。


ひとつめは、自社の既存の顧客に対して、

新しい事業で新しい製品を供給する、

水平的多角化です。


例としては、鉄道会社が駅の近くで

分譲住宅を販売するという多角化が

挙げられます。


ふたつめは、自社の供給する製品に

ついて、川上、または、川下に向かって

事業を展開する、水平型多角化です。


例としては、卸売会社が、自らも小売を

行ったり、または、販売先から得られた

情報に基づいて売れそうな製品を自ら

製造したりするという例が挙げられます。


みっつめは、自社の事業と関連のある

事業に進出する、集中型多角化です。


例としては、石鹸の製造会社が、衛生

用品や化粧品を製造する事業会社に

進出する例が挙げられます。


よっつめは、自社の事業や顧客と関連の

ない事業に進出する、集成型多角化です。


例としては、ラジオなどを製造してきた

ソニーが、保険などの金融事業に進出した

例が挙げられます。


と、ここまで多角化戦略について説明して

来ましたが、結論は、現在は、多角化戦略

以外の事業展開はほとんどなくなっている

ということです。


これを言い換えれば、事業を新たに展開

しようとすれば、多角化戦略しかない

ということです。


かつては、多角化戦略は、リスクの大きい

戦略であると認識されていました。


因みに、事業展開に関する戦略で、多角化

戦略以外の戦略は拡大化戦略といい、

拡大化戦略には、市場浸透戦略、製品開発

戦略、市場開拓戦略などがあります。


これらの拡大化戦略は、リスクは小さい

ものの、それに対応して収益も小さくなる

ので、うまみがあまりないということに

なります。


要は、経済活動が高度に発展している

社会にあっては、それなりのリスクを

とらなければならなくなってきたこと、

また、経営者もかつてよりマネジメント

スキルが高くなってきているという

ことです。


例えば、それぞれの業界でリーダーと

なっている、ユニクロ、ニトリ、サイ

ゼリヤなどは、いずれもサプライチェーン

(供給連鎖)の効率化で優れた会社である

という点で共通しています。


ですから、このような会社は、提供して

いる製品で業種を判断すべきではなく、

仮に、ニトリがファストフード業界に

進出したとすれば、サイゼリヤの強力な

ライバルになると私は考えています。


結論としては、現在は、マネジメントの

優劣で競争する時代になっているという

ことです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第437回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の上手な育成方法に

ついてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

http://bit.ly/2wUHq25






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



最近の長雨は記録的だとききました。


ことし前半は、短時間の豪雨が大きな

災害をもたらしたので、おかしな気象が

多いと思っていましたが、災害には至らな

くても、長雨もおかしな気象だと感じて

います。


そして、長雨のおかげで、野菜があまり

育たなくなり、価格が上がっていると

ききます。


とはいえ、気象は人がコントロールでき

ないものです。


つぎに、よい天気が続いたときは、感謝

したいと思います。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする