2017年08月13日

[ビジネスのきづき](241)「リースによる資金繰改善」

読者のみなさま、こんにちは。






最近は、東京へ出張するときは、あえて

特急電車にのらず、2時間かけて普通の

電車で上京している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リースによる資金繰改善

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



よく、「機械を購入するための融資を

申し込んだら、銀行から、頭金を増やす

条件をつけられた」という話をきく

ことがあります。


銀行は、設備購入のための融資は、

通常は全額を融資せず、30%程度は

自己資金で支払うことを条件とします。


しかし、設備購入代金を、全額、立て

替えてもらう方法があります。


それは、リースで設備を調達する方法

です。


例えば、1,000万円の設備を調達

するときは、銀行に融資を申し込むと

700万円程度しか融資をしてもらえ

ません。


しかし、リースを利用すると、設備

購入代金の全額をリース会社が立て

替えてくれます。


リースは、経済的効果は、融資を

受けることと同じですが、法律上は

賃貸借契約なので、リース会社が

設備を所有しなければならず、その

ためには、設備購入代金の全額を

リース会社が支払うことになります。


この記事の本旨からはずれますが、

リースで調達できる資産は、動産

だけでなく、内装一式、厨房一式、

コンピューターブログラムなども

リースで調達できるという点も

リースの利点です。


話しを戻して、リースはリースの

ユーザーの資金負担を減らすという

利点がありますが、一方で、リース料に

含まれる利息相当額は、一般的に銀行の

融資金利より高めです。


これは、一概に比較はできませんが、

リース料にはリース物件の廃棄費用

なども含まれていることから、

金額的には銀行からの融資が有利

ですが、私は決してリースを利用

することが得策ではないとは考えて

いません。


ところで、リースを利用することで

ユーザーの資金負担を減らすことが

できると述べましたが、それでは、

事業を営む会社が新たな設備投資を行う

場合、頭金を用意する必要はなくなる

のでしょうか?


これについては、私はそのようには

考えません。リースを利用する場合、

頭金は不要ですが、頭金を用意できない

という会社は、資金繰がよくない、

すなわちあまり業績がよくないという

ことです。


事業を行っていて、資金繰がよくない

状態を続けることは、事業の目的を

達成していないということになります。


リース利用によって資金繰を改善する

ことはできますが、より有利に事業を

展開していくために、さらに多くの

利益を得ることを目指さなければ

ならないことには変わりはないと

思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第436回を配信しました。


今回も、社会保険労務士・行政書士の

寺内正樹先生をお訪ねし、寺内さんの

ご著書「仕事のあたりまえは、すべて

ルールにまとめなさい!」の中から、

ルールの効果的な使い方についてお尋ね

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/rrLfv5






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

8月17日(木)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私の数少ない自慢は、乗り物酔いをしない

ということです。


そこで、電車に乗っているときは、本や

原稿の執筆をしています。


ですから、特急電車に乗ると、かえって

執筆時間が少なくなってしまいます。


そうであれば、特急に乗らず、しかも特急

料金を払わずにすむ普通電車に乗る方が、

執筆時間を確保できます。


知人からは、よく、「長距離の出張は疲れ

ませんか」ときかれますが、長距離の

出張が苦にならない秘密は、電車の中を

書斎にするということです。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

[ビジネスのきづき](240)「甘えの構造」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、ネットスーパーをたくさん活用

している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●甘えの構造

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



筑波大学教授で産業医の松崎一葉さんの

著書、「クラッシャー上司−平気で部下を

追い詰める人たち」を読みました。

( http://amzn.to/2vofmUu )


「クラッシャー上司」とは、部下を精神

的につぶしながら出世いく人を指して

いるそうです。


本書は、クラッシャー上司の現状、

クラッシャー上司が生まれる構造、

クラッシャー上司への対策が主要な

テーマですが、私が注目したことは、

「甘えの構造」です。


すなわち、クラッシャー上司のような

人が現れる原因のひとつは、社外には

礼儀正しいものの、社内に対しては、

「黙って空気を読め」「会社のために

働いている人の苦労を配慮しろ」と

いう同調圧力を働かせる、すなわち、

部下に過重労働を強いることを「愛の

鞭」と誤解している「甘えの構造」が

あるということです。


言い換えれば、業績をあげるためという

大義名分を掲げて、部下が犠牲になる

ことを正当化するという考え方があると

いうことです。


これについては、多くの方によくないこと

であると理解されるものの、現実の社会

では残念ながら珍しくないようです。


いわゆるブラック企業が問題化している

ことがその例です。


そういう私も、このような考え方をして

いた記憶があります。


私はサラリーマン時代は仕事を最優先して

おり、そのことが家族に負担を強いていた

にもかかわらず、仕事を優先することは、

家族のためにもなると考えていました。


一見、「会社のため」「業績をあげる

ため」という理由をつければ、多少の

犠牲もやむを得ないと考える方は、

これまでたくさんいたと思います。


これは、本当は、真の課題を先送りする

ための詭弁になっていると私は考えて

います。


別の言い方をすれば、本来は、従業員が

仕事に満足できなければ、業績も向上

しないのに、従業員の犠牲によって

会社の業績は向上すると考えることで、

経営者は職場環境を改善しなければ

ならないという責任から逃れようと

しているということです。


さらには、今後、人手不足の状況は

ますます深刻化していくことでしょう。


会社が従業員を選ぶ時代ではなく、

従業員が会社を選ぶ時代になっている

ということです。


かつての就職難の時代は、経営者が

「オレのやり方が気に入らないなら、

代わりはいくらでもいる」というような

態度をとることも通用してきましたが、

これからは、よい従業員に自社で働いて

もらうには、よい職場環境を提供しな

ければなりません。


そして、それが会社の業績にも直結

します。


結論は、組織運営、職場環境改善という

経営者の本来の役割がますます重要に

なってきているということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第435回を配信しました。


今回は、社会保険労務士・行政書士の

寺内正樹先生をお訪ねし、寺内さんの

ご著書「仕事のあたりまえは、すべて

ルールにまとめなさい!」の中から、

ルールの上手な作り方についてお尋ね

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/NCDx5j






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

8月17日(木)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、店頭で食料品を買うことがすき

ですが、飲料品など、決まったものは、

あえて店頭に行かなくてもネットで

注文する方が便利だと感じました。


また、買い物に行く時間も節約する

ことができます。


ちなみに、コンビニエンスストアも

ある意味、冷蔵庫代わりにすると

本当に便利だと思います。


割り切れば、コンビニエンスストアを

うまく活用すれば、自宅に冷蔵庫が

なくてもすませられるかもしれません。


ネットスーパーやコンビニについては

賛否両論ありますが、時間を節約したい

ビジネスパーソンにとってはありがたい

お店だと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

[ビジネスのきづき](239)「実質同一体」

読者のみなさま、こんにちは。






なかなかダイエットできないので、ついに

禁酒することを決断した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●実質同一体

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



銀行の融資に関して、実質同一体という

用語があります。


これは、複数の融資先を1社をみなして

融資を管理することです。


例えば、社長Aが会社Bと会社Cの代表

取締役に就任していて、かつ、両社とも

社長Aがすべての株式を所有している

とき、銀行からみて会社Bと会社Cは

実質同一体であり、両社に対する融資は

個別に管理せず、1つの会社に対する

融資として管理します。


(ただし、もちろん、融資契約は、

それぞれの会社で行います)


このような管理をする理由は、もし、

会社Bの資金繰が悪化した場合、

会社Cも大きく影響を受ける可能性が

高いからです。


具体的には、会社Bの資金繰が悪化

すると、会社Cが会社Bに対して

資金の融通をする可能性が高いから

です。


また、両者の決算期が異なる場合、

会社Bの業績悪化したときに、

会社Cと架空の取引を行う方法などで

会社Bのみかけ上の業績をよくする

ということも行われかねません。


そこで、銀行は、実質同一体の全体の

資金繰や業績を見ながら融資審査を

行います。


ところで、実質同一体の考え方は、

連結決算の対象である、連結企業

集団とにています。


連結企業集団は、親会社と子会社の

ような支配従属関係にある会社が、

法律上は個別の会社であっても、

事業活動は親会社に従属している状態で

行われていることから、1社ずつの財務

報告を見るよりも、連結企業集団を

1社の会社とみなした場合の財務報告を

見ることが適切であることから、

それぞれ個別の会社に財務報告を基に、

連結企業集団同士の間での資金のやり

取りや利益を調整して、連結財務諸表が

作成されます。


しかし、実質同一体は、連結企業集団

よりも広い概念です。


前述の、会社Bに、同社が100%

出資している会社Dがあった場合、

会社B・C・Dは実質同一体ですが、

会社Bと会社Dは、連結企業集団に

該当するものの、会社Bと会社Cは

連結企業集団ではありません。


また、社長Aが住宅ローンを利用して

いる場合、社長Aと会社B・C・Dは

実質同一体と管理されます。


これは、もし、会社B・C・Dの

業績が悪化した場合、社長Aの住宅

ローンの返済が懸念されるからです。


以上のことから、よく、銀行から受け

られる融資額を増やそうとして、会社を

新たに設立しようとすることを考える

方がいらっしゃいますが、実質同一体と

いう管理方法によって、それは不可能と

いうことになります。


なお、実質同一体という考え方は、

明確な線引きが難しい場合もあります。


社長Eと社長Fは兄弟で、それぞれ、

会社Gと会社Hの代表取締役に就任

しているとします。


そして、社長Eは弟の経営する会社Hの

取締役に就任しているとします。


ただし、会社Gと会社Hはまったく業種が

異なり、かつ、両者間での取引や資金の

融通も行われていないとします。


この場合、会社Gの社長が会社Hの役員

にも就任しているので、両者は実質

同一体と考えることもできますが、

会社Hの取締役に、たまたま会社Gの

社長が就任しているだけで、両者は

お互いに依存する関係にない会社と見る

こともできます。


これは、銀行が実態に即して判断する

ことになります。


結論は、銀行は実態に即して融資審査を

しているので、銀行からの評価を高める

目的で複数の会社を設立してもあまり

効果がないということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第435回を配信しました。


今回は、社会保険労務士・行政書士の

寺内正樹先生をお訪ねし、寺内さんの

ご著書「仕事のあたりまえは、すべて

ルールにまとめなさい!」の中から、

ルールの上手な作り方についてお尋ね

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/NCDx5j






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

8月17日(木)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



健康のためにダイエットを心がけて

いますが、なかなかやせられません。


「人は変わらなければならない」と

常日頃言っておきながら、自分自身も

なかなか変われないでいます。


久々に会う人からは、よく「体重が

増えたでしょう?」ときかれるように

なっています。


「紺屋の白袴」といわれないように、

これから自分自身もしっかりシェイプ

アップしたいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする