2017年10月12日

[ビジネスのきづき](301)「君が取り組んでいる問題が赤なだけだ」

読者のみなさま、こんにちは。






最近は、スーパーマーケットの店頭におで

んの具がたくさん並ぶようになり、寒い季

節の到来を実感した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●君が取り組んでいる問題が赤なだけだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、米国のコンサルティング会社のアー

ビンジャー・インスティテュートの著書

「自分の小さな『箱』から脱出する方法

ビジネス篇管理しない会社がうまくいく

ワケ」( http://amzn.to/2xt8aWv )を読み

ました。


原書のタイトルは「The Outward Mindset :

Seeing Byond Ourselves」(外向き志向:

我々自身の外側を見ること)であり、本の

内容は、このタイトルの方がイメージしや

すいと思われます。


ここでは、この本に書かれているいくつか

の逸話の中から、特に注目すべきものと思

われた3つの逸話について紹介したいと思

います。


ひとつめは、アービンジャーの職員である

ジョーのことについて書かれています。


ジョーには、息子と娘がおり、努めて子ど

もたちとバスケットボールで遊ぶようにし

ていたそうです。


ところが、ある時、娘から「お父さんは私

のことを嫌いなんでしょう?」と言われた

そうです。


それは、娘はバスケットボールが好きでな

いのに、父親は弟の好きなバスケットボー

ルばかりしているからという理由でした。


娘からこのように言われたジョーは、自分

が子どもたちとちゃんと遊んでいるつもり

だったのは、実は、自分が子どもたちとや

りたいことをやっていただけということに

気付いたそうです。


そして、会社においても誤った方針で活動

していて、「自分の会社が利益を得るのは

自分の会社の利益を考えていなかったと

き」ということに気付くにいたったそうで

す。


これは、稲盛和夫さんがおっしゃっている

利他行に似ていますが、ここでは、ついつ

い陥りがちな「ニセモノの外向き志向」に

注意すべきということを示唆しています。


私がこの逸話を選んだ理由は、ニセモノの

外向き志向に陥ることはよくないというこ

とは多くの方が分かっているものの、実は

正しくニセモノの外向き志向に陥ってい

て、かつ、それに自分が気付いていないと

いう例が多いように感じたからです。


いわゆる、裸の王さまに気付かずになって

しまっていたという社長をみると、このよ

うなことが原因なのだろうと思います。


もちろん、そういう私自身も気付かずにニ

セモノの外向き志向に陥る可能性があるの

で、自分自身も戒めたいと思います。


ふたつめは、外向き志向にもとづいて、債

務者に無料のサービスを提供することで業

績を向上させた債権回収会社の手法です。


この会社の創業者は、自分自身も債権回収

会社から債務履行の督促を受けた経験があ

ることから、自分が経験したことと別の方

法、すなわち債務者に誠意と敬意をもって

対応する方法で債権回収を行うことにした

そうです。


具体的には、お金を払えとは言わずに、お

金を払えるようにするための支援をしたそ

うです。


例えば、失業している債務者が就職できる

ように、債務者に代わって履歴書を書いた

り、模擬面接の相手になったり、面接の日

にモーニングコールをしたりといったこと

をしたそうです。


このようなことをした結果、収入を得られ

るようになった債務者は、この会社に対し

て、進んで返済をするようになったという

ことです。


これは、前述の、「自分の会社が利益を得

るのは、自分の会社の利益を考えていな

かったとき」の例のひとつでしょう。


みっつめは、経営難から業績を回復させた

フォードの例です。


2006年にフォードの社長に就任したム

ラーリーは、毎週、役員とのミーティング

で、計画の進捗状況を報告させていまし

た。


会社は赤字であるのに、どの役員も計画通

りに事業が進行していると報告していまし

た。


当時のフォードには、他人の足を引っ張り

合う風土があり、自らは問題があるという

報告はしにくかった状況だったようです。


そこで、ムラーリーは「うまく行っていな

いことはありますか?」と質問したにもか

かわらず、これには誰も返事をしなかった

そうです。


そんな中、役員のひとりのフィールズが担

当する部門が開発した自動車に欠陥がある

ことがわかりました。


フィールズは躊躇したものの、役員ミー

ティングで、ただひとり、自分の担当する

事業が計画通りでないことを報告しまし

た。


しかし、この報告を受けたムラーリーは、

まず、「君の状況を見る力はすばらしい」

と評価したそです。


そして、次に、他の役員に対して「フィー

ルズを助けてあげられるものはいないか」

と呼びかけ、他の役員からの支援を引き出

しました。


次の週のミーティングでも、ムラーリーは

フィールズに対して、「君自身は赤ではな

い、君が取り組んでいる問題が赤なだけ

だ」と述べて、役員同士が助け合って、会

社の問題を解決していくことが大切である

ということを理解させたそうです。


(フォードのミーティングでは、計画通り

でない状況を報告するとき、それを書き込

むチャートの色に赤を使っており、ムラー

リーの述べた「赤」とは、そのチャートの

色を指しています)


このことがきっかけで、フォードの体質が

変わり、業績が回復していったそうです。


ちなみに、2014年にムラーリーが社長

を退任した後に社長に就いた人は、フィー

ルズだったそうです。


今回は、本の中から3つの逸話を紹介しま

したが、いずれも多くの方が共感するもの

だと思います。


しかしながら、理解できるものでありなが

ら、実践は容易ではなさそうです。


私自身も、自分の事業にこれをすぐにあて

はめることはできそうにはありませんが、

あきらめずに実践できることを目指して行

きたいと思いました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第444回を

配信しました。


今回も、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員への承認によるモチ

ベーションの向上についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/cpBp4D





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月〜11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

10月13日(金)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/




「スカイプ相談実施日」

10月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

10月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vJ2C16




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




やはり、寒い夜に食べるものといえば、お

でんがまっさきに思い浮かびます。


私の場合、ゆでたまご、うどん巾着、こん

にゃくが特に好きです。


まだ季節的には早いので、寒さが厳しいと

感じたころに、あつあつおでんを食べると

きを楽しみに待ちたいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

[ビジネスのきづき](300)「CCC」

読者のみなさま、こんにちは。






オータムジャンボ宝くじが、ことしから、

ハロウィンジャンボ宝くじにかわったとき

いて、ハロウィンが日本に定着してきたこ

とを感じている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●CCC

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



CCCとは、キャッシュ・コンバージョン

・サイクルの略語で、米国のアップル社が

この指標を使って資金管理をしているとい

うこともあり、近年、この指標を重要視す

る会社が増えてきているようです。


すでに多くの方がご存知と思いますが、こ

こで改めてCCCの計算方法について記し

ておきます。


CCC=売上債権回転日数+棚卸資産回転

日数−買入債務回転日数=売上債権÷売上

高×365+棚卸資産÷売上原価×365

−買入債務÷売上原価×365


初めて見る方には、少しわかりにくい指標

かもしれません。


そこで、これに似ている、経常運転資金の

計算式を見てみましょう。


経常運転資金=売掛金+棚卸資産-買掛金


この式と、CCCの計算式の違いは、CC

Cのそれぞれの項目が、何日分の売上(売

上原価)に相当するかという日数に換算し

て計算されているという点です。


実は、この日数に換算するという考え方

は、より正確に会社の資金需要を把握する

ことができます。


たとえば、ある会社が100万円の商品を

仕入れて、その仕入た時点で販売されれ

ば、一見、運転資金は不要ということにな

ります。


しかし、販売代金の回収は3か月後である

のに対して、仕入代金の支払いは1か月後

であるとすると、2か月間、100万円の

資金不足になるということになります。


ですから、銀行が運転資金の申し込みを受

けた場合、単に、売掛金や棚卸資産の金額

だけでなく、回収期間、滞留期間などを勘

案して、必要な運転資金の計算を行いま

す。


(ただ、回収期間や滞留期間の情報がない

場合や、相談の時点でおおよその情報だけ

で判断する場合は、残高だけで計算するこ

ともあります)


したがって、CCCの考え方は、金融機関

の融資担当者にとっては、真新しい内容で

はなく、融資審査の基本的な知識になって

います。


しかしながら、CCCは、運転資金の効率

化を進めるために、「資材調達から製品の

納品までの期間を短縮する」という手段を

明確にし、かつ、その期間を数値で把握で

きる指標として、これを重視する会社が増

えてきていることは妥当であると思いま

す。


例えば、これまでは売上高だけで、部門や

営業部員を評価しがちでしたが、CCCへ

の貢献度で評価すれば、さらに多面的で公

平感の高い評価をすることができるように

なるでしょう。


さらに、先進的な会社では、CCCを向上

させることを、単に資金の効率化という面

だけでなく、新たな投資に振り向けるため

の資金を産み出す手法として利用していま

す。


ただ、中小企業ではここまでは実施するこ

とは難しいので、CCCを、資金の効率化

を計る指標とするだけでも大きな効果があ

ると思います。


結論は、会社の利益を向上させるには、売

上を増やすだけでなく、事業の速度を高め

ることによって、資金を効率的に活用す

る、という観点も採り入れることをお薦め

したいということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第444回を

配信しました。


今回も、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員への承認によるモチ

ベーションの向上についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/cpBp4D





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月〜11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

10月13日(金)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/




「スカイプ相談実施日」

10月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

10月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vJ2C16




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




賛否両論がありますが、ここ数年で、大分

ハロウィンが日本に定着してきているよう

です。


ビジネスチャンスを増やしたいと考えてい

る側からすると、この流れにのりたいと考

える方は多いでしょう。


ただ、収穫に感謝する行事として、日本に

は芋煮会もあるので、こちらもこれからも

盛り上がって行っていただきたいと、個人

的には思っています。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

[ビジネスのきづき](299)「残業がなくならない本当の理由」

読者のみなさま、こんにちは。






昔は、むしゃくしゃするときは、テレビ番

組の水戸黄門の再放送を見てストレスを解

消していましたが、最近は、Amazon

プライムでドクターXを見て、ストレスを

発散している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●残業がなくならない本当の理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


経営コンサルタント、清水久三子さんの

ご著書「外資系コンサル流『残業だらけ

職場』の劇的改善術」

( http://amzn.to/2xp2Bbm )を拝読しま

した。


内容は、なぜ、職場に無駄があるのかとい

うことを説得力ある根拠をもって説明した

上で、その解決策を示しています。


その具体的な内容は本を読んでいただきた

いのですが、私の目をひいた点を挙げると

「働き方改革」が叫ばれているなかで、そ

れを実現するためのプロジェクトには疑問

感じるということを清水さんは述べておら

れます。


すなわち、「ノー残業プロジェクト」、

「業務スピード改善プロジェクト」などの

プロジェクトばかりが立ち上がり、結果と

して、やることが増えてしまっている。


時短を迫られるあまり、本来はやるべきこ

とまで便乗してやらなくなってしまう。


ゴールが不明確なままなので、いったん、

結果を出しても、経営者が納得せず、また

仕切り直しをしなければならなくなる。


結局「残業ゼロの徹底」などのスローガン

を唱えるだけになったり、残業をなくすた

めの努力を従業員個人に任せ、「定時帰宅

宣言」をさせるだけに終わる、ということ

を指摘されておられます。


要は、表面的なことばかり行われるので、

いつまでも本当の時短ができないというこ

とです。


このことについて、清水さんは解決策を示

しておられませんが、私は、大きく2つの

原因があると思います。


ひとつは、働き方改革だから、働く人の課

題であり、働く人「だけ」で解決できる、

または、働く人だけで解決できる課題であ

るということにされてしまっているからだ

と思います。


仮に、働く人だけで解決すべき課題であっ

たとしても、それに失敗したとき、経営者

には責任はないと考えることはおかしいで

しょう。


経営者は、表向きは働き方改革は重要課題

ということにしつつ、内心は他人事にして

いるという状態をあらためること抜きに、

真に働き方改革は実現しないでしょう。


ただ、経営者の人たちが、働き方改革につ

いて、臭い物に蓋をするような態度をとる

ことには、次のような理由があると考えて

います。


すなわち、従業員の方々の働く時間が短縮

することによって、生産高や売上高が減少

してしまうことを恐れているという面もあ

ると考えられます。


恐らく、多くの経営者の方は、勤務時間を

短くすることは賛同しても、それが生産高

や売上高を犠牲にする前提では賛同できな

いのでしょう。


私は、これが働き方改革がなかなか進みに

くい要因ではないかと思っています。


では、どうすればよいかというと、これは

私もコンサルタントのような立場だから言

えるのであろうと批判されることを前提で

述べると、思い切ってビジネスモデルを変

える必要があるということです。


早晩、日本では残業は原則禁止になる時代

に向かいつつあると思います。


そういった中で、大手企業では、従業員の

勤務時間を短縮するための設備投資を増や

しています。


これはIoTや人工知能の活用によって実

現性が高くなっています。


むしろ、このような設備投資を成功させる

かどうかが競争力の向上につながるといえ

るでしょう。


そうであれば、一日でも早く、従業員の勤

務時間が短くても利益を得られるビジネス

モデルを確立することが肝要です。


むしろ、いままでは、従業員ひとりあたり

の付加価値、すなわち労働生産性(=付加

価値額÷従業員数)は、実態としてあまり

意識されてこなかったと思います。


というのは、とにかく利益がでればいいと

いう前提で事業が進められ、その利益とは

従業員のサービス残業でもたらされていた

とすれば、経営者の功績はないに等しいと

いうことになるでしょう。


このように述べると建前を述べているよう

に思われますが、これまでは、労働法規が

遵守されているかどうかが、あまり厳格に

問われてこなかっただけというように私は

考えています。


働き方改革が提唱されているということを

もって、これからは、労働生産性の高いビ

ジネスモデルでなければ事業は続けられな

い時代になったということを、私たちは認

識しなければならないのだと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第444回を

配信しました。


今回も、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員への承認によるモチ

ベーションの向上についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/cpBp4D





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月〜11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

10月13日(金)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/




「スカイプ相談実施日」

10月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

10月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vJ2C16




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




水戸黄門は、どんなに強そうな悪人でも、

最期には、必ず、黄門さまが懲らしめてく

れるので、番組が終わるまでにはすっきり

できる番組でした。


ドクターXも、腹黒い外科医が挑んでも治

せなかったどんな病気でも、最期には主人

公の大門未知子が必ず治してしまうので、

その瞬間に、心の中で「どうだ、ざまぁみ

ろ」と叫びたくなります。


どちらの番組も、実際の世の中には、ほぼ

起こらないであろう勧善懲悪を実現してく

れているという点が、人気が高い要因に

なっていることは間違いないでしょう。


ただ、ドクターXを見ていると、不摂生に

している自分も、いつか、あのような病気

になってしまうのかもしれないとついつい

不安になり、摂生に努めようという気持ち

にしてくれるという副次的な効果も得られ

ました。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする