2019年09月14日

[ビジネスのきづき](1004)「融資を受けるときに見落としがちなこと」

読者のみなさま、こんにちは。








先日、栃木県小山市に用事があり、電車で

行くことにしたのですが、私の住まいの最

寄り駅のJR日光線鹿沼駅から、目的地の

最寄り駅のJR宇都宮線小山駅へ行くとき、

通しでの運賃よりも、電車の乗換駅の宇都

宮駅で、いったん改札を出たときの運賃の

方が安いので、あえて宇都宮駅で改札を出

てから電車を乗り換えすることで、ちょっ

とだけですが旅費を節約してお得感をじて

よろこんでいる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●融資を受けるときに見落としがちなこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、特殊技術を持っているCさんから、

Cさんの持つ技術を活用して起業したいと

考えており、それにあたって約1億円の融

資を受けて設備調達をしたいので、相談に

のって欲しいとの依頼を受けました。


しかし、相談を受けた結果、今回の資金調

達は、いったん、断念するという結論に至

りました。


とはいっても、起業するのにいきなり1億

円の調達は無理ということではなく、別の

理由によるものでした。


確かに、Cさんの特殊技術はすばらしく、

決して事業化できる見込みが低いというも

のではありませんでした。


では、どうして断念したかというと、簡単

に言えば、銀行などの資金提供の協力を依

頼する相手に対して、きちんと事業につい

て説明できる段階になっていなかったとい

うことです。


特殊技術を持っている方が事業を始める

と、大きな利益が得られる場合があります

が、それを事業化するにあたって、銀行な

どの資金提供者の協力が必要な場合、その

相手に対し、どのような技術を、どのよう

に活用するのか、それがなぜ収益を得るこ

とができるのか、どれくらいの収益を見込

めるのか、事業を維持・発展させていくた

めにどのような運営体制をとるのかといっ

た説明が必要になります。


いわゆる、事業計画書を作るということで

すが、それは、融資の必要額が多くなるに

したがって、より詳細で精緻なものが必要

になります。


さらに、その事業計画書を作るには、外部

環境分析をしっかり行わなければならない

上に、内部環境、すなわち、Cさんの持つ

特殊技術だけでなく、従業員の方の能力、

会社の立地、その他の特徴などの条件も、

きちんと備わっているかどうかということ

も問われます。


Cさんの場合は、私と話していくうちに、

これから銀行などに対して事業の説明をし

ていくには、まだいろいろなことを調べな

ければならないということが分かり、今度

は、しっかりとした事業計画を立てるため

に、多くの情報を集めるということを、次

のステップとして決めたようです。


ところで、ここまで書いて来たことは、至

極当然のことと感じる方が多いのではない

かと思います。


しかし、銀行融資の場合、1,000万円

程度以内であれば、設備についてはあまり

詳細な説明を求めることはあまりありませ

ん。


多額の場合は別ですが、中小企業で、数百

万円の設備を調達するための融資に、事業

計画書の提出を銀行から求められた会社は

あまりないのではないでしょうか?


このような書き方は失礼ですが、多くの中

小起業では、銀行に事業計画書を提出する

ときは、創業するときの融資を申し込むと

きか、事業再生やリスケジュールを受けよ

うとするときが、ほとんどではないでしょ

うか?


でも、億単位でそれなりの金額の設備を導

入する場合は、これも当然ですが、融資を

する銀行も、しっかりとその妥当性を検討

する必要があるので、それなりの事業計画

書が必須になります。


Cさんの場合、これまで技術開発を中心に

仕事をしてきたので、事業化ということに

ついては不慣れであったようです。


銀行に多額の融資を受けたいと考えるので

あれば、「●●円の融資をして欲しい」と

いう希望を伝えるだけでは足らず、銀行を

納得させるだけの材料が必要になるもの

の、それは忘れられがちということを、C

さんからの相談を受けて、改めて感じまし

た。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第544回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の川北英貴先生に

お越しいただき、信用保証協会の活用のし

かたについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2k3p5yd


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/VUTbUXJumQk


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●10月14日開催融資勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が銀行出身のコンサルタントということ

もあり、頻繁に、士業の方、開業予定者の

方、保険会社の方など多くの方から、融資

に関するお問い合わせがよせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなど

を交えながら、融資に関する勉強会を開く

ことにしました。


■日時 10月14日(月)

19時00分〜21時00分


■会場 新宿アントレサロン


東京都新宿区新宿2丁目12番13号

東京メトロ丸ノ内線・副都心線、及び、都

営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」C8出口

より徒歩1分


地図→ https://bit.ly/16cEDSR


■参加費 1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


■申し込み方法

こちらのページにリンクされているフォー

ムに、お名前、メールアドレスなどのご記

入をお願いします。

http://21keiei.org/seminar.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた電車の運賃ですが、途中で改

札を出ると安くなるという例は珍しくない

ようです。


私が利用した鹿沼駅→小山駅の例ですと、

途中で改札を出ないときの運賃は756円

ですが、鹿沼駅→宇都宮駅は237円、宇

都宮駅→小山駅は496円で、分けて乗っ

たときの運賃の合計は734円と、23円

安くなります。


とはいっても、このような、途中の駅であ

えて降りるということは、遊び心でやって

いるので、急いでいる時などは途中駅で改

札を出ないで通しで運賃を払います。


どちらかというと、パズルを解く感じで運

賃を安くできる区間を見つけることに楽し

みを感じています。


ちなみに、詳細な解説は割愛しますが、運

賃節約の有名な例は、静岡駅から品川駅へ

新幹線に乗るときの節約法です。


普通の買い方では、特急料金と乗車券の合

計額が6,150円ですが、乗車券だけ静

岡駅→品川駅→大井町駅と、京浜東北線で

ちょっと戻る感じで買うと、特急料金と乗

車券の合計が5,820円と、330円安

くなります。


もちろん、乗車券は大井町駅まで買っても、

実際に大井町駅で降りずに品川駅で降りる

こともできますので、最初から品川駅で降

りるつもりで乗車券だけ大井町駅まで買う

ことも可能です。


私はこの経路でまだ電車に乗ったことがな

いのですが、もし、静岡→品川を乗る機会

がある方は、ぜひ、試してみてください。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

[ビジネスのきづき](1003)「債務超過の会社が融資を受けられた理由」

読者のみなさま、こんにちは。








先日、私の最新刊、「図解でわかる経営の

基本いちばん最初に読む本」が増刷し、第

6刷となったと出版社から連絡があり、あ

らためて読者の方に感謝している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●債務超過の会社が融資を受けられた理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




先日、私の知人の経営者のBさん方から、

自社が債務超過であるにもかかわらず、銀

行から新規融資を受けることができたとい

う報告を受けました。


債務超過であるにもかかわらず、なぜ、新

たな融資を受けられたのかというと、その

直接的な答えはあまり難しくはなく、「借

換保証制度」を利用したからだそうです。


(ご参考→ https://bit.ly/2lLwCC2


Bさんの会社が受けた新規融資は、既存の

融資の借換が条件だったのですが、その額

は、借換対象の融資の合計額よりも多く、

かつ、毎月の返済額も少なくなったので、

資金繰りは楽になったそうです。


「それが借換保証制度の目的だ」と言われ

ればその通りなのですが、実務的には、こ

の制度保証は、融資の利用者からは申し込

みがしにくいようです。


確かに、借換保証制度によって、新規融資

は全額、または、80%が信用保証協会に

よって保証されるので、比較的安全な融資

ではあるものの、融資そのものは銀行が行

うものであり、事業の継続が不安定な債務

超過先への融資は避けたいという心理が銀

行に働きます。


そこで、借換保証制度があり、それは債務

超過の会社への融資も可能と分かっていて

も、その制度を利用して債務超過の会社と

の融資取引をすることには、及び腰の銀行

も少なくありません。


ですから、融資利用者からすると、自社が

借換保証制度を利用したいとは思っていて

も、銀行が同意してくれなければ、利用で

きるチャンスがなくなってしまう訳です。


では、Bさんが借換保証制度を利用できた

要因はどのようなものかというと、それは

つぎの2つです。


ひとつは、地域の1番手銀行をメインバン

クにしていたということです。


地域の1番手銀行と、2番手以下の銀行の

大きな違いは、2番手以下の銀行は、1番

手銀行の融資方針を見て融資をしていると

いうことです。


2番手以下の銀行に、融資判断の独自性は

まったくないのかというと、100%そう

ではありませんが、やはり、ある程度の規

模の会社に対しては、1番手銀行が融資を

しているから、自行も融資をするという決

め方をしていることも事実です。


これは、1番手銀行が融資をしていれば、

万一、その会社の事業が傾いても、1番手

銀行が支えてくれるという安心感があるか

らです。


したがたって、前述の、債務超過の会社へ

の融資に及び腰になるということは、2番

手以下の銀行には多く見られますが、1番

手銀行の場合は、地域の会社を支えるとい

う使命感も高いので、2番手以下の銀行の

ように及び腰になることはあまり多くない

と思います。


ふたつめは、銀行へ数か月に1度の頻度で

訪問し、自社の担当者と面識を作っておい

たことです。


Bさんの会社の場合、銀行に訪問したとき

に、債務超過ではあるものの、売上が増え

ているということを担当者に伝えていたた

め、銀行側から借換保証制度の提案を受け

たということです。


Bさんのように、銀行から提案を受けられ

るようになるためには、1回や2回程度し

か会ったことがない場合は、難しいでしょ

う。


銀行職員の心理からすれば、ある程度、信

頼できる相手、すなわち、銀行から提案を

すれば、それに積極的に応じてくれそうだ

と確信を持てなければ、提案はしにくいも

のだからです。


Bさんは、営業マンのキャリアが長いこと

もあり、銀行職員とも信頼関係が必要と考

えていたことから、定期的な訪問を行って

いたため、借換保証制度の提案を受けるに

至ったのだと思います。


今回はBさんの事例をご紹介しましたが、

銀行職員との信頼関係が奏功した例として

ご参考にしていただきたいと思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第544回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の川北英貴先生に

お越しいただき、信用保証協会の活用のし

かたについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2k3p5yd


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/VUTbUXJumQk


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●10月14日開催融資勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が銀行出身のコンサルタントということ

もあり、頻繁に、士業の方、開業予定者の

方、保険会社の方など多くの方から、融資

に関するお問い合わせがよせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなど

を交えながら、融資に関する勉強会を開く

ことにしました。


■日時 10月14日(月)

19時00分〜21時00分


■会場 新宿アントレサロン


東京都新宿区新宿2丁目12番13号

東京メトロ丸ノ内線・副都心線、及び、都

営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」C8出口

より徒歩1分


地図→ https://bit.ly/16cEDSR


■参加費 1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


■申し込み方法

こちらのページにリンクされているフォー

ムに、お名前、メールアドレスなどのご記

入をお願いします。

http://21keiei.org/seminar.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた拙著の増刷ですが、前回の増

刷の2月から約7か月での増刷となりまし

た。


私のような無名の著者の本にの割には、早

い速度で売れているようでとてもありがた

く思っています。


おかげで、新しい本を書く励みになりまし

た。


これからもどうぞ応援をよろしくお願いい

たします









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

[ビジネスのきづき](1002)「動産の担保権」

読者のみなさま、こんにちは。








先日、庭の草むしりをしていたら、こおろ

ぎがたくさん飛び回っているところを見つ

け、だんだん秋らしくなってきたことを実

感している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.9万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●動産の担保権

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、日本経済新聞が「担保権を動産にも

設定、法務省、機械・在庫対象に」という

記事を載せていました。


(ご参考→ https://s.nikkei.com/2lF65Xm


現在も、機械などは、「譲渡担保契約」に

よって担保にする方法はありますが、記事

にもあるように、この契約では「担保に差

し入れた事実が第三者から分からない」と

いうデメリットがあります。


でも、不動産担保(抵当権)のように、担

保権を登記する制度ができれば、この動産

担保に関するデメリットをなくすことがで

きます。


しかし、私は、動産担保の登記ができるよ

うになっても、この制度はあまり利用され

ないと思っています。


なぜなら、動産は担保に向かない資産だか

らです。


もちろん、機械は売却して現金化すること

は可能ですが、中古の機械の価額は購入価

額より大きく劣ります。


そして、多くの機械は、耐用年数が10年

以下であり、かつ、耐用年数に近づくほど

価額が下がります。


さらに、機械が特殊なものであれば、新た

な買い手をみつけにくいということもあり

ます。


このように、動産担保は、融資を回収する

手段としては向いていないのですが、だか

らといって、銀行は、設備投資への融資に

消極的という訳ではありません。


設備がなければ事業を営むことはできない

訳ですから、動産が担保に向かないという

理由で、銀行は機械を購入するための融資

をしないということはありません。


確かに、銀行は新規設備投資のための融資

に100%応じているわけではないと思い

ますが、融資を断る理由として考えらえる

のは、事業そのものに対して疑義があると

いうことであり、機械が担保に向かないと

いうことではないと、私は考えています。


今回、前述の記事にある通り、動産担保を

登記することで、銀行側の担保に関する懸

念は少なくなりますが、私は、そのことだ

けで銀行の姿勢が大きく変わるとは考えに

くいと思います。


なお、記事の中には、在庫を担保にするこ

とについても触れられていますが、在庫は

一般的には1年以内に現金化される資産で

あり、担保とすることの意義があまり高く

ありません。


すなわち、短期間で現金化できる資産は、

それ自体が返済原資であり、担保の目的と

することは本末転倒だと思います。


したがって、在庫に関する担保契約が登記

できるようになることが、銀行の融資の姿

勢を変えることにはならないでしょう。


法務省は、銀行が融資をしやすなるように

したいという意図を持っているのかもしれ

ませんが、これは銀行の融資姿勢を変える

決め手にはならない制度変更だということ

が、今回の記事の結論です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第544回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の川北英貴先生に

お越しいただき、信用保証協会の活用のし

かたについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2k3p5yd


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/VUTbUXJumQk


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●9月13日開催融資勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が銀行出身のコンサルタントということ

もあり、頻繁に、士業の方、開業予定者の

方、保険会社の方など多くの方から、融資

に関するお問い合わせがよせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなど

を交えながら、融資に関する勉強会を開く

ことにしました。


■日時 9月13日(金)

19時00分〜21時00分


■会場 新宿アントレサロン


東京都新宿区新宿2丁目12番13号

東京メトロ丸ノ内線・副都心線、及び、都

営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」C8出口

より徒歩1分


地図→ https://bit.ly/16cEDSR


■参加費 1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


■申し込み方法

こちらのページにリンクされているフォー

ムに、お名前、メールアドレスなどのご記

入をお願いします。

http://21keiei.org/seminar.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





秋の訪れといえば、昨年の豊漁とは一転し

て、今年はさんまが不漁で、スーパーマー

ケットでもさんまはあまり見かけません。


私自身は、さんまを食べるのは年1回でも

いいので、海洋資源も大切にしなければと

思います。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする