2020年05月24日

[ビジネスのきづき](1257)「リースは総合的なサービス」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、約50日ぶりに開館した図書館で、

予約したにもかかわらず、受取できなかっ

た本をたくさん借りることができて、すっ

きりした気分になった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リースは総合的なサービス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


リースは、金融サービスに留まらず、リー

ス物件を管理してもらえるなど、総合的な

サービスであることから、事業活動に必要

な設備の調達をアウトソースするという観

点でリースを活用することが望ましいとい

えます。



[本文]


前回まで、リースの利点、欠点、特徴につ

いて説明してきました。


今回は、私のリースに対する総合的な評価

について述べたいと思います。


それは、リースには利点と欠点の両方があ

りますが、総じて利点が多いので、積極的

に活用すべきということです。


特に、融資とリースを比較したとき、リー

スには、リース物件の管理もリース会社が

行うという点で、単なる金融サービスにと

どまらない、総合的なサービスであるとい

うことを、私は、大きく評価しています。


特に、近年、大企業では、事業活動に必要

な設備を調達する機能を、リース会社にア

ウトソースするという位置づけで、リース

会社と接するようになっているようです。


このような関係は、銀行とは築くことがで

きない、リース会社の特徴と言えるでしょ

う。


ところが、ここで、多くの中小企業経営者

の方は、ひとつの疑問を持つと思います。


というのは、リース会社が、よいサービス

を提供しているのなら、銀行と同様に、多

くのリース会社があってもおかしくないの

ではないかということだと思います。


公益社団法人リース事業協会の調査によれ

ば、約90%の会社がリースを利用したこ

とがあるものの、リース比率(民間設備投

資額に占めるリースによる設備投資額の割

合)は、5%強に過ぎません。


ちなみに、2018年のリース取扱額は、

約5兆円、リース会社のリースに関する債

権の残高は、約14.5兆円です。


これらの金額は、決して少額ではないもの

の、銀行の融資残高(約500兆円)と比

較すると、まだまだ増える余地はあると思

います。


そして、最近は、銀行系列のリース会社

が、銀行本体を通してリース案件を増やそ

うとする動きが活発になっているというこ

とをきいています。


これは、銀行地震も、リースの利点を認識

しているからではないかと、私は分析して

います。


したがって、リースに関心のある方は、現

在の取引銀行にお問い合わせをすると、系

列のリース会社をご紹介していただけると

思います。


そして、今後は、運転資金は銀行融資、設

備調達はリースという使い分けをして行く

とよいのではないかと思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第581回を

配信しました。


今回も、この番組の制作者である、中小企

業診断士の六角が、新型コロナウイルス感

染症の影響を受けている中小企業への、資

金繰支援策についてご説明いたします。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/3cVfUWE


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/KBCCLHQmHnI


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐた

めに、近所の図書館がしばらく閉館してい

たのですが、先日、ようやく開館しました。


閉館中は、予約しておいた本を受け取りに

行けなかったのですが、ようやく受け取り

に行くことができ、少したまっていたスト

レスが、すっきりしました。


図書館に限りませんが、普段は、利用でき

るのが当たり前の図書館も、使えなくなる

と、とても不便を感じます。


これまで自分がとても恵まれていたという

ことを、改めて実感しています。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

[ビジネスのきづき](1256)「リースと融資の関係」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、知人から香川県のメーカーの生うど

んをいただいたのですが、かみさんと長女

から、私にゆでて欲しいと言われ、約20

分間かけてうどんをゆでた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リースと融資の関係

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


中小企業が、リースを利用することによっ

て、銀行からの融資枠を温存できるという

考え方が、かつて、存在したものの、これ

からは、リース利用額も融資額と同様に扱

われるようになっていくと思われます。



[本文]


前回は、中小企業はリースを利用しても、

貸借対照表にはリース利用額は計上されな

いものの、大企業のように、リース会計に

基づいてリース債務が負債として計上され

るとみなされて融資審査が行われるという

ことについて書きました。


今回も、引き続き、リースと融資の関係に

ついて説明します。


かつて、リースを利用して設備を調達する

と、設備資金としての銀行融資を受けなく

てすむので、その分だけ、銀行からの融資

枠を温存できるという利点があると言われ

ていたことがありました。


私は、この考え方は、半分は妥当であり、

半分はあてはまらないと考えています。


まず、妥当と考える理由ですが、リースに

よって、銀行融資よりも多額の支援を期待

できるからです。


というのは、これも、以前、お伝えしまし

たが、リースは銀行融資と異なり、リース

物件の所有権はリース会社にあるので、

リース物件は、リース会社から見て、ユー

ザーのリース会社に対するリース料支払い

義務の実質的な担保になっています。


一方、銀行融資では、動産は担保にしない

か、担保にしたとしても、取得価格よりも

低くしか評価しないので、設備を調達する

ときは、銀行融資よりもリースの方が、多

額の支援を得られやすいと考えられます。


そういった面では、リースは、設備の調達

には向いており、銀行融資を利用するより

も多くの設備調達ができる可能性がありま

す。


ただし、これも、以前、説明したように、

リースを利用すると、ユーザーがリース会

計を適用していても適用していなくても、

銀行からみて、その会社のリース料の未払

い額は、融資を受けている額と同等にみな

されます。


したがって、リースを利用したからといっ

て、必ずしも、「融資枠(=銀行から融資

を受けられる見込み額)」を温存できると

も言えません。


以上のような理由から、リースを利用する

と、必ずしも銀行からの融資枠を温存でき

るということにはならないものの、設備の

調達にあたっては、銀行融資よりも多額の

支援を期待できるので、積極的に活用する

ことが望ましいと、私は、考えています。


ただ、繰り返しになりますが、私は、リー

スを積極的に活用することが、会社の資金

調達を容易にすることになるものと考えて

います。


次回は、リースの総合的な評価について説

明する予定です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第580回を

配信しました。


今回も、この番組の制作者である、中小企

業診断士の六角が、新型コロナウイルス感

染症の影響を受けている中小企業への、資

金繰支援策についてご説明いたします。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/3dM9rxa


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/69fNtoi3dWs


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたうどんですが、かみさんは、

麺類をゆでることが苦手なようです。


麺をゆでることは簡単なことのように思え

ますが、お湯の量を測ったり、ゆで時間を

計ったりすることが面倒なようです。


でも、決められたお湯の量で、決められた

時間を辛抱してゆでれば、おいしくゆであ

がるので、忍耐力さえあれば、その報いは

得られます。


でも、確かに、いただいたうどんのゆで時

間が20分間というのは、ほかの麺類と比

べると、ちょっと長いかもしれません。^^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

[ビジネスのきづき](1255)「リース会計の注意点」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、地元の飲食店を応援しようと、行っ

たことがないカレー店のカレーをテイクア

ウトして食べたところ、想像していたより

も辛口のカレーでびっくりした六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●リース会計の注意点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




[要旨]


中小企業がリースを利用した場合、会計上

の資産や負債は増えないものの、銀行の融

資審査上は、大企業に適用されるリース会

計が適用された時と同様に、資産と負債が

増加したものとして扱われる可能性が高い

と思われます。



[本文]


前回までは、リースの利点と欠点について

説明しましたが、今回は、リースの特徴を

会計的な観点から説明したいと思います。


なお、この記事では、リース会計そのもの

については詳しくは説明はしませんので、

リース会計を詳しく学びたいという方は、

拙著、「図解でわかるリースの実務いちば

ん最初に読む本」をお読みいただきたいと

思います。


(ご参考→ http://amzn.to/1o1VluB


話を戻すと、以前、例えば、1,000万

円の機械をリースで調達したときは、その

金額を固定資産(勘定科目はリース資産)

に計上し、同時に、同額を(一般的には)

固定負債(勘定科目はリース債務)に計上

し、すなわち、勘定科目は異なるものの、

1,000万円の長期借入金で同額の固定

資産を購入したときと、同じ会計処理が行

われるということをお伝えしました。


(この説明は、理解を容易にするために、

正確さを犠牲にしていることをご了承くだ

さい)


一方で、中小企業には、このリース会計基

準の適用は任意であるため、多くの中小企

業では、リースで設備を調達しても、リー

ス資産やリース債務は計上しません。


そのため、設備を調達するためにリースを

利用した会社は、融資を受けて設備を調達

した会社よりも、見かけ上は資産効率が高

い(少ない資産で多くの利益を得ること)

ように評価されます。


しかし、中小企業であっても、リースを利

用している場合、未経過リース料(今後支

払う予定のリース料総額)を、貸借対照表

の欄外に記載することになっており、銀行

が融資を行うときは、その金額を融資を受

けている金額とみなして融資審査を行うと

考えられます。


ところで、日本では、リース会社が登場し

たのは昭和38年であるのに対し、リース

会計基準が策定されたのは、平成5年と、

だいぶ後になっています。


このリース会計基準が策定されるまでは、

すべての会社で、会計上もリース取引は賃

貸借取引として扱われてきました。


そのため、リース会計基準が適用されてい

なかった、1990年代前半までは、リー

スの利点として、リースによって設備を調

達しても貸借対照表が膨らまないというこ

とが言われていました。


でも、現在は、リース取引の実態に鑑み、

リース取引は融資取引とみなされ、かつ、

リース会計基準が適用されていない中小企

業であっても、それは同様であるというこ

とです。


次回は、リースと融資の関係について説明

する予定です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第580回を

配信しました。


今回も、この番組の制作者である、中小企

業診断士の六角が、新型コロナウイルス感

染症の影響を受けている中小企業への、資

金繰支援策についてご説明いたします。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/3dM9rxa


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/69fNtoi3dWs


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたカレーのテイクアウトですが、

地元の商工会議所が、飲食店を応援するた

めの新聞折り込み広告に載っていたお店を

利用しました。


カレーというと、一般的には日本人の好み

に合わせてあると思うのですが、今回利用

したお店は、タイ料理のお店で、本場の味

を忠実に再現しているのだと思います。


でも、私は、そういう方針のお店の方が好

きです。


経済活動がもとにもどったら、今度は、テ

イクアウトではなく、直接、そのお店で辛

いカレーを食べてみようと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする