2019年08月17日

[ビジネスのきづき](976)「固定費は赤字の原因か?」

読者のみなさま、こんにちは。








毎年のことなのですが、先日、私の住まい

の近くを流れる川沿いの道路を走っていた

ら、川で水遊びをしている家族づれがたく

さん来ているところを見て、仕事がなけれ

ば自分も川で泳ぎたいと思いながら、我慢

してその場を通り過ぎた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●固定費は赤字の原因か?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が銀行に勤務していたときのことです

が、ときどき、融資を受けている会社の経

営者の方から、自社の業況の説明を受ける

とき、「固定費が多くて、なかなか黒字に

ならない」という言葉を耳にしました。


このような説明の仕方は、あまり適切では

ないということは、多くの方がご理解いた

だけると思います。


きびしい言い方ですが、支出が収入を上回

れば赤字になるのは当然で、固定費がどれ

だけ多かったとしても、経営者の方が事業

を黒字にしなければならない責任は免れる

ことはできません。


もう少し詳しく述べれば、変動費は商品や

材料の仕入れ代金なので(厳密には、製造

業の工場で働く人の賃金や製造工程に関す

る外注費も変動費です)、極端なことを言

えば、仕入れた値段と同じ値段で販売して

も、変動費だけで赤字になることはありま

せん。


ですから、事業で黒字を確保するというこ

とは、粗利益が固定費を上回るようにしな

ければならないということと言えます。


ただ、経営者の方が「固定費が多くて…」

と言いたくなる気持ちを理解できなくもあ

りません。


なぜなら、固定費は経営者から見てコント

ロールしにくいからです。


例えば、固定費の主な要因のひとつは人件

費ですが、実態としては、固定費が多いか

らといって、直ちに従業員数を減らすとい

う訳にはいかないと思います。


例えば、粗利益率20%の会社が月給20

万円の従業員を5人雇用しているとすれ

ば、その5人の給与を支払うために、月商

500万円(=20万円×5人÷20%)

は獲得しなければなりません。


実際には、人件費以外にも固定費は発生す

るので、その2〜3倍の売上は必要でしょ

う。


そこで、売上があまり多くない会社の経営

者の方は、固定費を賄うために売上を得な

ければならず、自社は固定費が多いという

印象を持ってしまうのだと思います。


これに対して、どう対処すればよいかとい

うと、ひとつは固定費を減らすことで、も

うひとつは粗利益を増やすことです。


ただ、中小企業は弱者の戦略を採るべきで

あり、強者の戦略である固定費を減らす方

法は採るべきではありません。


そこで、中小企業にとっては、付加価値を

増やすことの重要性が高くなります。


その詳しい方法は割愛しますが、付加価値

を増やすためには、仕組づくりが大切にな

ります。


具体的には、競争力の高い商品開発をした

り、販売する従業員の方の能力を高めたり

ということです。


そして、その仕組みづくりには、経営者の

方のマネジメントスキルが大きく問われる

ことになります。


今回の記事の結論は、中小企業において黒

字を確保することとは、固定費以上の粗利

益を得ることであり、そのためには事業そ

のものにばかり目を向けず、多くの粗利益

を得るための仕組みづくりに軸足を置かな

ければならないということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第540回を

配信しました。


今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しい

ただき、上手な融資の申し込み方法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2KsdZgk


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/s77wCqXCIkg


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「信用保証協会徹底活用セミナー」

8月19日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

8月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

8月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2GmM7bm




「融資に強くなる勉強会」

9月6日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2YDIIep






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





立秋が過ぎたにもかかわらず、暑い日が続

いているので、ある意味、水遊びには適し

ている時期です。


そして、私の住む街には、泳げるくらいき

れいな川が流れているところが自慢です。


川は、海とは違って広くないし、波もない

ですが、水のきれいさでは海に勝っている

と思います。


すぐにはむずかしいですが、また、時間に

余裕を作って、川遊びをできるようにした

いと思います。






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

[ビジネスのきづき](975)「結婚契約の1年更新」

読者のみなさま、こんにちは。








最近、健康に気遣って、冷凍食品の枝豆を

解凍しておやつとして食べている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●結婚契約の1年更新

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ベストセラー作家の本田健さんが、結婚契

約の更新について、ポッドキャスト番組で

お話されておられました。


(ご参考→ https://bit.ly/33BqLkb


本田さんによれば、本田さんの結婚記念日

は8月8日なので、毎年8月8日に、さら

に1年間、結婚を続けるかどうか、ご夫人

と確認し合っているそうです。


一般的には、1度結婚すると、それは半永

久的に続くという前提になっていますが、

逆に、そのことが、結婚の意義を夫婦に考

えなくさせているそうです。


実際、本田さんの場合、お互いに結婚を続

けてもらえるよう、結婚記念日に向けて毎

年意識し合っているそうで、そのために、

夫婦関係の改善が行われているそうです。


でも、多くの夫婦はお互いに結婚を続ける

かどうかを定期的に確認していないため、

夫婦の関係について見直すこともなく、結

果として悪化してしまうこともあるのでは

ないかと、私も感じました。


本田さんは、結婚に限らず、仕事や人生に

ついても定期的に見直す必要があり、成功

している人は常に自分を見直しているが、

多くの人は見直しをしていないので、仕事

や人生の意義を見出せないままになり、仕

事や人生をつまらないと感じるようになっ

てしまうということです。


私自身も、本田さんのいう、仕事や人生の

見直しをして来なかったもののひとりです

が、定期的な改善は必要だということは感

じています。


この記事の配信を約3年前から始めたこと

も、その時、何らかのチャレンジが必要と

感じたからです。


でも、この人生や仕事の見直しは、ある意

味、つらいことだと思います。


なぜなら、自分で決断をしなければならな

からです。


決断をするということは、もし、その決断

をした結果が失敗だったら、その失敗は自

分の責任になるからです。


それをうすうす気づいているから、多くの

人は見直しや決断をしないのだと、私は考

えています。


でも、繰り返しになりますが、本田さんが

指摘をしているように、自ら決断をして積

極的に行動している人は、仕事や人生に意

義を感じ、充実感を感じるでしょう。


これに対して、「自分のことは自分で決め

ている」と反論する経営者の方も少なくな

いと思いますが、私は、そういう経営者の

方は、割合としては低いと思っています。


なぜなら、いつものことですが、事業計画

(売上計画や利益計画)を毎年立て、それ

を達成するための活動を明らかにして実践

している経営者の方はあまり多くないから

です。


くどいですが、単に、「来期は売上を20

%増やしたいので、それに向けて頑張る」

という程度では、事業計画を立てたことに

はならないと思います。


きちんと、誰が、何を、いつまでに、どう

やって行うのかということなどを明確にし

ていなければ、売上を増やしたいという考

えは、単に、そうなったらいいなぁという

程度の願望でしかありません。


今回の記事の結論は、多くの経営者の方が

事業計画に基づいて活動をしない要因のひ

とつは、もし、計画を達成しなかったとき

の責任が自分に帰することが明確になって

しまうので、それを避けるために事業計画

の作成をしていないのではないかというこ

とです。


ひとことで言えば、当事者意識が低いとい

うことでしょう。


この意識が低ければ、事業が成功する見込

みは低くなるし、面白みや充実感も少なく

なるということを、本田さんのお話を聴い

て感じました。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第540回を

配信しました。


今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しい

ただき、上手な融資の申し込み方法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2KsdZgk


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/s77wCqXCIkg


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「信用保証協会徹底活用セミナー」

8月19日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

8月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

8月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2GmM7bm




「融資に強くなる勉強会」

9月6日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2YDIIep






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた枝豆ですが、冷静に考えれば

枝豆は大豆の未熟豆のことですので、結局

豆腐や納豆と同じ成分ということです。


ただし、枝豆の総合情報サイトの枝豆日和

によれば、枝豆は緑黄色野菜でもあるので、

大豆には少ないβ−カロチンやビタミンC

も摂れるそうです。


(ご参考→ https://bit.ly/2OUgEny


しかも、安くておいしいので、メタボには

ありがたい食べ物なので、これからも食べ

続けたいと思います。






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

[ビジネスのきづき](974)「あこがれのほかに必要なもの」

読者のみなさま、こんにちは。








毎年のことなのですが、お盆期間中は、私

の住む街は渋滞が多く、ちょっといらいら

しながら過ごした六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●あこがれのほかに必要なもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、女子プロゴルファーの渋野日向子さ

んが、AIG全英女子オープンで、日本人

女子選手として42年ぶりのメジャー優勝

をしたとのニュースが報じられました。


渋野さんに限らず、最近は、テニスの大阪

なおみさんなど、日本人のスポーツ選手の

世界的な活躍が目立ってきており、「近頃

の若い者」はすごいなぁと感じています。


そして、「近頃の若い者」は、スポーツ界

に限らず、ビジネス界でも活躍が目立って

おり、評価は分かれるかもしれませんが、

前澤友作さんや、瀬戸健さんのような、若

いうちから活躍している経営者は、私の世

代にはあまり見られませんでした。


そのような中、彼らに触発され、起業を目

指す若い方々も年々多くなっていると感じ

ています。


ただ、そのような、カリスマ的な経営者に

触発されたと思われる方から起業に関する

ご相談を受けると、カリスマ的な経営者の

一部分しか見ていないのではないかと感じ

る方は少なくありません。


その端的な例は、会社をつくれば前澤さん

のようになれると思い込んでしまっている

方です。


このような方は、例えば、今年現役を引退

した、元シアトルマリナーズの鈴木一朗選

手が使っていたバットと同じバットを買っ

たから、自分もたくさんヒットを打てるよ

うになると思い込んでいる人と同じように

私には見えます。


このようなことを他の人にお話すると、

「本当にそんな単純な人がいるのか?」と

不思議に思われるのですが、起業しようと

する人の中には、意外と、遮眼帯を着けた

競走馬のように、視野が狭くなってしまっ

ている人は少なくありません。


だからといって、私は、若い方たちが起業

することを否定的に考えていません。


繰り返しになりますが、カリスマ的な経営

者でなくても、最近は、若い経営者の方の

経営する会社が上場する例が増えてきてい

るようです。


(ご参考→ https://s.nikkei.com/2KGFmlS


ですから、これからもこのような流れは続

いて欲しいと思うので、起業しようとする

若い方には、まず、前述の逆のこと、すな

わち、単に、「カリスマ的な経営者にあこ

がれを持つ」だけという狭い視点で起業せ

ずに、成功している経営者が成功した要因

などを分析してから起業することと、仮に

失敗したときへの備えを準備しておくとい

うことをするだけでも、「成功者」に近づ

くことができると思っています。


もちろん、起業してからでないと学べない

こともたくさんあるので、100%成功す

ることが分かるまでは起業すべきではない

と、私も考えてはいません。


ただ、起業前の準備の段階で、失敗する確

率を減らせることも少なくないということ

を理解していただきたいと思っています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第540回を

配信しました。


今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しい

ただき、上手な融資の申し込み方法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2KsdZgk


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/s77wCqXCIkg


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「信用保証協会徹底活用セミナー」

8月19日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

8月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

8月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2GmM7bm




「融資に強くなる勉強会」

9月6日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2YDIIep






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





お盆期間中は、東京都内は静かになってい

ると聴く半面、私の住んでいる地方の都市

は渋滞します。


これはあくまで想像ですが、観光客がたく

さん来ているのではなく、生れた街に帰っ

て来た人が多いからだと思います。


地方都市は過疎化が進んでいますが。本籍

地を基準にして見れば、地方の人口は決し

て少なくないのではないかとと感じました。


だからといって、何かできることがあるか

というと、何も思い浮かばないのですが、

過疎化に歯止めをかけるヒントがあるかも

しれないので、引き続き対策を考えて行き

たいと、お盆の渋滞を見て感じました。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする