2017年09月13日

[ビジネスのきづき](272)「融資申し込みは2人称で」

読者のみなさま、こんにちは。






近所のあぜ道でいなごをみかけたら、

佃煮を食べたくなってしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●融資申し込みは2人称で

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



融資の相談を受けるときに、よく困る

例として、「●●のために、●●円の

融資が必要になる」という説明だけを

受けるというものがあります。


例えば、レストランを開業しようと

する人から、「店舗を借りるための

保証金として100万円、内装費と

して300万円、FC加盟料として

200万円、その他準備金として

200万円が必要」とだけ説明され

ます。


もちろん、これだけの情報では融資を

受けることはできません。


なぜなら、銀行から見て融資した

お金が返済されるかどうかがという

ことが分かる情報が含まれていない

からです。


「銀行は、お金に困っている人に

融資することが仕事」ということに

間違いはないのですが、融資するには、

融資したお金が返済される確実性が

高いということを、事前に確認できる

ことが必要です。


このことも当然と考える方が多いと思い

ますが、融資を受けたいと考えている

方の中には、いくらの融資が必要かと

いうことだけしか説明しない人がいる

時があります。


これは、「私は●●のために●●円の

融資が必要です」と、1人称で説明

すればよいとだけ考えているから

でしょう。


しかし、「私は●●円の融資を必要と

していますが、その融資を受けることに

よって私の事業は●●円の利益を獲得

できる見込みであり、あなた方は私に

安心して融資ができることになります」

と、2人称で説明しなければ、銀行は

融資を承認しないということは当然と

言えます。


これを一言で言えば、黒字の見込める

事業計画書を銀行に提出するという

ことです。


ここで、「事業計画書を作成せず、

自社の始めようとする事業が黒字に

なるかどうかわからないのに、銀行に

融資を申し込めるはずがない」と

考える方もいるでしょう。


しかし、「自分が始める事業は黒字に

なるはずだ」とは考えてはいるものの、

具体的に数値で説明できるところまで

詳細には明確にしていない状態で融資の

申し込みをしようとする方は意外と多い

ようです。


そのような方が、前もって、税理士の

方や、私のような専門家に相談をして

いれば、まだ、チャンスは残るのですが、

事業計画書も作らずに自ら直接銀行に

行き、融資申込をしたが断られ、どう

したらよいか困っているという方に

会う時もあります。


そのような方に対しては、単に「自分が

融資が必要だから」とだけ考えずに、

「融資をする銀行にとっても安心して

融資できる事業です」という説明が

必要だという、相手の立場に立った

視点を持って融資申込に臨んでいればと、

残念に思っています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トータルサポート利用者募集のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



当事務所で、人数を限定してお受けして

いるコンサルティング契約である、

トータルサポートの利用者枠に空きが

できました。


( ご参考→ https://goo.gl/1Ta2m6 )



トータルサポートの契約をご希望したい

という方は、どうぞお早めにご連絡を

いただければと思います。


トータルサポートのお申込み、サービス

内容に関するお問い合わせなどは、

こちらからお寄せ下さい。

http://yuushi-zaimu.net/contact/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第440回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の受け入れ態勢の整備

についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/YuNJo1





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の9月〜10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

9月20日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

9月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://t.co/Hq8b4tpsp3



「融資に強くなる勉強会」

10月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/AFXnddNTgK





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



いなごを食べる習慣は、海産物の獲れない

内陸部に共通しているようです。


「虫を食べる」というとちょっと変わった

ことのように思えますが、いなごの佃煮の

食感は、エビを食べる感じに似ています。


ちなみに、私が子どものころに、近所の

人が、蜂の巣から取り出した幼虫を醤油で

焼いたもの(いわゆる蜂の子)を食べ

させてもらったことがあります。


いずれも、昔は内陸部にとって貴重な

たんぱく源だったのでしょう。


現在は、内陸部でもおいしい魚を食べ

られるようになったことに感謝したいと

思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

[ビジネスのきづき](271)「サスティナビリティ」

読者のみなさま、こんにちは。






カレンダーを見たら、来週はお彼岸になる

ことがわかり、おはぎを食べたくなって

しまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●サスティナビリティ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



サスティナビリティとは持続可能性の

ことです。


そして、その持続可能性の対象は幅広く、

財務面で事業がうまく続くかどうかと

いうことだけに限りません。


労務関連の法規を遵守し、従業員に配慮

して事業が行われているかどうかという

ことや、自然環境に配慮しているか

どうかということも含まれます。


ただ、その基本は財務面が中心になると

私は考えています。


そして、「起業して10年後に残って

いる会社は30%に満たない」などと

言われているように、会社にとって

事業が持続するための要素はとても

大切だということは、多くの方が

ご理解されている通りです。


しかしながら、起業しようとしている

人の多くは、あまり深い根拠を持たずに

自社の事業は継続すると思い込んで起業

している例を多くみます。


(裏を返せば、事業が継続しないと

思っていれば、起業しない訳ですが)


また、起業を支援するコンサルタントの

中には、起業するまでの手続きなどは

支援するものの、事業を持続させる

ための要素についてまでカバーして

いる人の割合は少ないと感じています。


しかし、このことは、例えば、創業した

ときに必要になる、融資の手続きの時に、

なぜその事業が持続するのかという

見極めをするときに問われるものです。


この見極めは意外と難しく、だからこそ

ほとんどの創業融資は、民間金融機関は

信用保証協会の保証を条件としていると

言えるでしょう。


話しを戻して、今回の本旨は、事業を

起こす場合は、持続可能性が最も大切

だということです。


そして、多くの方はこのことを理解して

いながら、開業をゴールにしてしまう

ことが多いと私は感じています。


このことを理解してもらうために、私は

よく、マザーハウスを起こした山口絵理子

さんを例に挙げて説明しています。


山口さんは、アジア最貧国のバングラデ

シュで、同国の国民の経済力を高める

ために、首都ダッカでジュート(黄麻)を

材料にしたカバンの工場を設立し、日本で

販売しています。


ここでポイントとなるのは、持続可能性

です。


山口さんは、バングラデシュで獲れる

ジュートを単に収穫して輸出するだけ

では、安く買いたたかれて、ますます

同国は貧困になってしまう、すなわち、

持続可能性が得られない。


きちんとした利益を得るためには、

買いたたかれないために価値をつけた

製品を販売することが必要だと考えて

ジュートを材料にしたカバンを作り、

持続可能性のある事業を行うことを

思いついたそうです。


事業の目的は、付加価値を産み出すこと

であり、それは誰でも理解されること

なのですが、「あなたの会社の事業が

産み出している付加価値は何ですか?」、

すなわち、持続可能性はありますかと

いう問いをして答えられる人は意外と

少ないと私は感じています。


もう少し具体的に言えば、事業が赤字に

なっている状態は、付加価値を産み出して

いない、持続可能性が乏しいということに

なります。


もし、自社の事業が芳しくない方は、この

持続可能性をご確認されることをお薦め

したいと思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トータルサポート利用者募集のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



当事務所で、人数を限定してお受けして

いるコンサルティング契約である、

トータルサポートの利用者枠に空きが

できました。


( ご参考→ https://goo.gl/1Ta2m6 )



トータルサポートの契約をご希望したい

という方は、どうぞお早めにご連絡を

いただければと思います。


トータルサポートのお申込み、サービス

内容に関するお問い合わせなどは、

こちらからお寄せ下さい。

http://yuushi-zaimu.net/contact/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第440回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の受け入れ態勢の整備

についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/YuNJo1





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の9月〜10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

9月20日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

9月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://t.co/Hq8b4tpsp3



「融資に強くなる勉強会」

10月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/AFXnddNTgK





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



おはぎに使う小豆には、魔よけの意味が

あるらしく、それで、お彼岸にご先祖に

お供えする習慣ができたときいたことが

あります。


さらに、私は小豆のあの味も大好きで、

アイスクリームなどは小豆味のものを

好んで食べたりしています。


そして、お彼岸になると、おいしく

おはぎを食べる習慣がある日本に

生まれてよかったと、つくづく感じて

います。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

[ビジネスのきづき](270)「売上計上基準」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、近所を歩いていたら、藁のにおいが

漂ってきて、稲刈りの季節になったことを

実感した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●売上計上基準

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、これまで、中小企業経営者の方は、

月次決算を行いましょうと何度も薦めて

いますが、それが実行できない原因の

ひとつに、「売上」とは何かが不明確に

なっていることが挙げられると思って

います。


このように書くと、「売上は、商品を

販売することではないのか」と考える

方が多いと思いますが、実は、会計的

には、なかなかやっかいです。


会計的には、所有権が移転したときに

販売したということになります。


所有権の移転は、民法第176条では、

当事者の意思表示で効力が生じますが、

実際には、そのように行かない場合も

あります。


例えば、自動車販売店で自動車を購入する

場合、お店で代金を支払ってから、後日、

自宅に自動車を届けてもらうことになると

思います。


所有権が移転したという点に着眼すれば

販売店が代金を受け取った時点で売上を

計上するということになります。


しかし、顧客側から見れば、自動車が

自宅に届くまでは、自動車を購入したと

いう認識はしないでしょう。


そこで、販売店が自動車を顧客に届けた

時点で売上を計上するという考え方も

できると思います。


これはひとつの例であり、そして、どの

考え方が正しいという訳ではありません。


この、何をもって売上を計上すべきかと

いうことは、会計上もいくつかの基準が

あります。


ちなみに、税法上は、「棚卸資産の販売

による収益の額は、その引渡しがあった

日の属する事業年度の益金の額に算入

する」(法人税法基本通達2-1-1)と

あり、これを引渡基準といいます。


すなわち、当事者が合意しただけでは

販売したとは認識せず、商品が引き渡さ

れたときを販売したと認識するという

ことです。


そして、商品引き渡しのタイミングに

ついては、「出荷した日、相手方が

検収した日、相手方において使用収益が

できることとなった日、検針等により

販売数量を確認した日等当該棚卸資産の

種類及び性質、その販売に係る契約の

内容等に応じその引渡しの日として

合理的であると認められる日のうち

法人が継続してその収益計上を行う

こととしている日」(同2-1-2)と規定

しています。


これらは、それぞれ出荷基準、検収基準、

使用収益基準、検針基準などといい、

それぞれの会社の事業に合わせて決める

ことが許されていますが、ただし、その

基準は継続して使用することが前提と

なっています。


ここまで、会計上、税務上の考え方を

述べてきましたが、本旨は会計上の

考え方を理解して欲しいということ

ではありません。


売上の基準は簡単なようで、実は、複雑

だということです。


そこで、月次決算を行うというときに

(もちろん、このことは本決算を行う時も

該当します)、何をもって売上とするのか

ということを明確にする必要があります。


しかし、自社の事業は、出荷基準、検収

基準、使用収益基準などの、どの基準を

あてはめればよいのかということを、

決めなければならないということその

ものが、月次決算を行うときの負担と

なっているのではないかと思います。


今回は、会計上の売上の認識について

述べましたが、事業を管理するため

には、いろいろな基準を設定するという

負担は避けることはできないという

ことです。


この負担は、大きな手間と考える経営者の

方もいらっしゃると思いますが、事業の

管理をすることが経営者の基本的な役割

であり、このことを避けることはできなと

私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トータルサポート利用者募集のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



当事務所で、人数を限定してお受けして

いるコンサルティング契約である、

トータルサポートの利用者枠に空きが

できました。


( ご参考→ https://goo.gl/1Ta2m6 )



トータルサポートの契約をご希望したい

という方は、どうぞお早めにご連絡を

いただければと思います。


トータルサポートのお申込み、サービス

内容に関するお問い合わせなどは、

こちらからお寄せ下さい。

http://yuushi-zaimu.net/contact/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第440回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の受け入れ態勢の整備

についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/YuNJo1





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の9月〜10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

9月13日(水)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

9月20日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

9月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://t.co/Hq8b4tpsp3



「融資に強くなる勉強会」

10月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/AFXnddNTgK





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



毎年、お米の収穫の季節になると、「実る

ほど頭が下がる稲穂かな」という俳句を

思い出します。


私が説明するまでもなく、成果の大きい

人ほど謙虚な姿勢でいるということを

表した俳句ですが、水穂の国らしい表現

だと思います。


私もことがうまくいかないときは、むしゃ

くしゃしてしまいますが、この句を思い

浮かべて、謙虚になりたいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする