2018年11月05日

[ビジネスのきづき](690)「固定費のわな」

読者のみなさま、こんにちは。







日本放送協会の連続テレビ小説を、あえて

視ないようにしていたのですが、先日、た

またま食事の時間と重なって、その番組を

視てしまい、予想した通り、カップラーメ

ンを食べたい衝動にかられてしまった六角

です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.5万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●固定費のわな

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、知人のコンサルタントから、「顧問

先から、経費削減を理由に、顧問契約を切

られた」というお話をききました。


そのコンサルタントの方はとても優秀な方

であり、コンサルティングスキルに問題が

あるとは思えないため、契約解除は、顧問

先の都合によるものなのだと思います。


そして、私はこのお話を聞いたとき、もや

もやするものを感じました。


というのは、コンサルティングは受けなく

てもいいのではと思えるくらい業績のよい

会社ほど、積極的にコンサルティングを活

用している一方で、この会社は業績があま

り芳しくないので、コンサルティングを受

けることが望ましいと思える会社ほど、コ

ンサルティングを受けることを嫌うという

傾向があるからです。


このように書くと、私自身がコンサルタン

トなので、コンサルタントの立場を擁護し

ていると感じられてしまうかもしれません

ので、別の例を挙げたいと思います。


私が会社勤務時代に、職場の懇親会を開い

たとき、ある大手チェーンの居酒屋を利用

しました。


そのとき、飲み放題つきのコース料理を注

文したのですが、その日は店員の方の数が

少ないようで、注文した飲み物がなかなか

出てきませんでした。


そのため、飲み放題の制限時間の2時間の

うち、3杯ほどしか飲み物を飲むことがで

きませんでした。


そのことは、店員の方もわかっており、こ

ちらから申し出をしていないにもかかわら

ず、「飲み物を出すのが遅くなって申し訳

なかったので、30分間時間を延長させて

いただきます」と謝罪がありました。


では、なぜ、そのお店の店員の方の数が十

分でなかったのか、その本当の理由を確か

めることはできませんが、もし、利益があ

まり得られないために従業員数を絞ってい

たとしたら、店長は、大きな間違いをして

いるということは明らかです。


確かに、飲食代の安さは顧客を訴求します

が、このお店の「飲み放題」は「看板に偽

りあり」と思われてしまえば、顧客からの

信用を失ってしまいます。


すなわち、事業の現場を見ることなく、机

上の数字だけを見て給与を減らすという短

絡的な判断をすることは、かえってお店の

業績を下げてしまいます。


と、ここまで書いてきたことは、安易に固

定費を削ることは賢明でないという主張を

しているように、受け止められてしまうか

もしれません。


確かにそういう面もあるのですが、固定費

を削減するという手法をとらなければなら

なくなった事業については、早晩、息切れ

してしまうということの方に、もっと注意

しなければならないと私は考えています。


すなわち、価格競争を始めてしまえば、経

営資源の小さい中小企業では、あまり長い

期間を戦うことができません。


では、どうすればよいのかということにつ

いては、文字数の兼ね合いから割愛します

が、安易に固定費を削ろうとする経営者の

方たちは、事業そのもので競争力を高めよ

うとしかしていないのだと思います。


現在は、マネジメントで差をつけなければ

競争に勝てないということに着眼しなけれ

ば、勝つための戦略を編み出し、実践する

ことはできません。


ただ、マネジメント能力を高めることが容

易ではないことも事実なので、安易な価格

競争を行ってしまう選択をする経営者も多

いのでしょう。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第500回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんのご著書「図解

で分かるRPAいちばん最初に読む本」

( https://amzn.to/2NMiWEf )から、RP

Aについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/wAEVhL


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/k_OtQq2QpwI


(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

11月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/YtmBWX




「スカイプ相談実施日」

11月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

11月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

11月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/tWMqZJ






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





現在の連続テレビ小説は、日清食品の安藤

百福さんの妻が主人公なので、実は、この

番組の放送が決まってから、興味は持って

いました。


でも、番組を視ると、きっとカップラーメ

ンを食べたくなると思い、あえて視ないよ

うにしていました。


本当は、カップラーメンはジャンクフード

なのかもしれませんが、独特な味はだいす

きです。


普段は、控えていますが、年に1回くらい

は、自分へのご褒美に食べています。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:57| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

[ビジネスのきづき](689)「銀行の融資はなぜ増えないのか」

読者のみなさま、こんにちは。







最近はすっかり寒くなり、朝、自動車に乗

るときはエアコンを暖房にするのですが、

日中は直射日光で車内がけっこう熱くなる

ので、エアコンを冷房にしており、温度調

整に苦労している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.5万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●銀行の融資はなぜ増えないのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、金融庁が東京都に本店のある信用金

庫の検査を始めるとの報道がありました。


(ご参考→ https://goo.gl/wibwMp


報道によれば、「不動産投資向け融資で、

業者が書類を改ざんする不正があったこと

が明らかになり、金融庁は不正を見逃した

審査体制にも問題がある」とみられている

ようです。


この信用金庫の問題とされている状況につ

いては、まだ、詳細は分かりませんが、同

じく不動産投資向け融資で問題になった、

静岡県の地方銀行ほどの悪質な不正はない

ようです。


ただ、同信用金庫は、不動産投資向け融資

に積極的であったようで、そのことが、金

融庁が検査を行うことを決めた要因になっ

たのかもしれません。


では、静岡県の銀行や、前述の信用金庫を

はじめ、なぜ金融機関は不動産投資向け融

資に積極的になるのかというと、金融機関

からみて不動産投資向け融資から得られる

利益が多いということと、一般の会社の事

業と比較して、不動産賃貸事業の収益の見

通しの確実性が高いという点があります。


これに対して、「金融機関であれば、中小

企業に対して融資をすることが使命ではな

いのか」と考える方も多いと思います。


しかし、金融機関が中小企業に対して融資

を増やせない実情があることも事実だと、

私は感じています。


というのは、いくら低金利時代とはいえ、

金融機関が中小企業に対して行う融資の金

利は、調達コスト(=預金金利)が0%で

あっても、事務コストとして1%、信用コ

スト(=貸倒に備えるコスト)として1%

は必要であり、融資利率が2%以上なけれ

ば、採算は得られないでしょう。


仮に、融資額を増やそうとして、多少、事

業に問題のある中小企業に対して融資を行

おうとしても、信用コストをカバーできる

金利を得ることができなければ、損失を増

やすだけになってしまいます。


すべてではありませんが、いまは、中小企

業であっても、1%を割る利率で融資を受

けられることもあり、金利競争が激しいこ

とが、金融機関の収益を悪化させている要

因になっていると私は考えます。


(ちなみに、日本銀行の低金利政策が、金

融機関の収益が悪化させていると説明され

ることがありますが、低金利というだけで

金融機関の収益が悪化することは考えにく

く、十分な利鞘を得られないことが収益を

悪化させていると考えるべきでしょう)


最近、金融機関の経営統合が活発になって

いることも、過当な競争を回避しようとい

う思惑があるからと考えられます。


これに対して、金融機関の数が減ることに

よって、中小企業が融資を受けにくくなっ

たり、融資金利が高くなる可能性がでてき

たりするといわれることがあります。


しかし、銀行は収益機会を逃したくないと

考えているわけですから、中小企業への融

資額を減らそうとすることは考えにくいで

しょう。


ただ、融資の金利については、金融機関同

士の競争が緩和されることによって、高く

なることは考えられます。


とはいえ、現在の融資金利の水準のままで

は、金融機関にとって採算が得られず、融

資を増やそうとするインセンティブが低く

なってしまい、融資が受けにくい状態がさ

らに悪化すると思います。


では、中小企業はどうすればよいのかとい

うと、金利上昇への備えをするしかないと

思います。


それには、業績を高めることが最善なので

すが、それが直ちにできない場合は、少な

くとも、会社の状況をタイムリー、かつ、

詳細(単に、会社全体の業績だけでなく、

部門別、顧客別、地域別などのセグメント

情報を取り入れるということです)な情報

を金融機関に伝えることで、金利が引き上

げられそうになっても、ある程度は避けら

れると思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第500回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんのご著書「図解

で分かるRPAいちばん最初に読む本」

( https://amzn.to/2NMiWEf )から、RP

Aについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/wAEVhL


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/k_OtQq2QpwI


(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

11月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/YtmBWX




「スカイプ相談実施日」

11月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

11月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

11月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/tWMqZJ






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






1か月ほど前までは、気温が30℃を超え

ることがあり、太陽をうらめしく思うとき

がありましたが、寒い季節になると、太陽

のあたたかさをとてもありがたく思います。


確かに、気温が低くても、直射日光にあた

り続けていると、暑く感じる時があります

が、陽のあたたかさはありがたいです。


これからは、ひなたぼっこをする機会が増

えそうです。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:57| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

[ビジネスのきづき](688)「面倒であっても大切なこと」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、いきないステーキに行き、ステーキ

300gをライス抜きで注文したのですが、

その後に来店して私の隣の席に座った、や

せ型の男性客が、ステーキ450gとライ

ス大盛をオーダーしているところを見て、

たくさん食べられる人がうらやましくなっ

た六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.5万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●面倒であっても大切なこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





3か月ほど前のことですが、作家の竹田恒

泰さんが、来年行われる改に関し、「元号

の改元に際して起こる、国民の生活の考慮

は一切しないくていい」ということを、テ

レビ番組の中でお話されておられました。


これに関しては、さまざまな見方があるの

で、必ずしも竹田さんの考え方が正しいと

は言えませんが、私も、これには一理ある

と感じました。


なぜなら、改元の負担を否定するなら、西

暦だけを使えばよいのであって、あえて元

号を使っているということは、改元の負担

があることが前提だからです。


また、特に日本の元号の考え方からして、

改元にはそれなりの意味があって行うもの

なので、そもそも改元を負担と考えること

は筋違いという考え方は、理解できます。


ところで、群馬県太田市の曹洞宗の寺院、

瑞岩寺の住職の長谷川俊道さんから、最近

は、子どもがいる人でも、自分を永代供養

してほしいと希望する人が増えているとき

きました。


なぜ、永代供養を望む人が増えているのか

というと、自分が墓に入った後、子どもた

ちにお墓を管理する負担をかけたくないと

考えているからだそうです。


お墓についてどう考えるかは、個々人の自

由なのですが、私は、この考え方は、前述

の改元に関する考え方と同様に、筋が通ら

ないと感じました。


お墓は、実態として、遺族が個人を供養す

るためにあるものなので、そのことを負担

と考えることは筋が通らないのではないか

と思います。


念のために付言しておきますと、私は、遺

族が故人のお墓を管理しなければならない

ということを主張しているのではありませ

ん。


宗教的な意味合いは別なところにあるかも

しれませんが、実態は、お墓は故人のため

というよりも、遺族のためにあるものであ

り、故人のお墓を不要と考えるのは、故人

(になる予定者)ではなく、遺族が考える

ことだということです。


今回、改元やお墓について言及したのは、

ビジネスにおいても、本来は手間をかける

べきことを、表向きは「面倒なこと」と否

定的に評価し、その実態は単に「手抜き」

をしているという例が多いのではないかと

感じたからです。


これは、ひとつに限らずたくさんあると思

いますが、私がよく目にする例は、経営者

の方が、「銀行との融資交渉は面倒だから

コンサルタントに代わりに交渉してきても

らいたい」という要望を出すことです。


経営者の場合、従業員と異なり、苦手であ

るからといって、ほかの誰かに頼むという

ことは、避けなければならないことは、多

いと思います。


銀行との融資交渉についても、詳細な部分

に関する説明は、経理部長や外部専門家に

任せることは問題ないと思いますが、基本

的な部分や重要な部分は社長からききたい

と銀行は考えるし、それをしてもらえない

場合は、社長の姿勢を疑うことになりかね

ません。


だからといって、一切の効率化を進めるべ

きではないということではなく、ルーチン

ワークなどは効率化を進めるべきとは思い

ますが、その一方で、面倒なことが必ずし

も不必要なこととは限りません。


繰り返しになりますが、重要なことであり

ながら、それを経営者の方が苦手であるた

めに、面倒なことと言い換えて退けてしま

うということは避けなければなりません。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第499回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんのご著書「図解

で分かるRPAいちばん最初に読む本」

( https://amzn.to/2NMiWEf )から、RP

Aについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/EiNZjo


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/y9IYa0yxK3Q


(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

11月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/YtmBWX




「スカイプ相談実施日」

11月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

11月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

11月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/tWMqZJ






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





これは体質によるものなのだと思いますが、

体格はやせているのに、たくさん食べられ

る人にときどき会うことがあります。


そういう方にもそれなりの悩みがあるとは

思いますが、メタボな私から見ると、とて

もうらやましく思います。


でも、そういっても始まらないので、引き

続き健康な体形を目指して摂生に励んで行

きたいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:57| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする