2017年11月15日

[ビジネスのきづき](335)「人材不足への対応」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、外出したときに、くちびるがかさか

さになっていることに気づき、この冬、初

めてリップクリームを塗った六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●人材不足への対応

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



最近、メガバンクが人員削減のための体制

をとるというニュースが流れています。


例として、みずほ銀行さんの場合は、店舗

を500から400へ、グループの職員数

を7.9万人から6万人へ減らすという報

道がありました。


(ご参考→ https://goo.gl/zq5E6p


今回は、たまたま銀行の例をあげました

が、銀行への対策をどうするかということ

ではなく、ひとつの会社としての判断につ

いて注目したいと思います。


すなわち、メガバンクは、これから人材確

保は難しくなるという状況の中にあって、

それにどう備えるかという戦術を示したと

いうことです。


かつての銀行は、店を増やすことは、顧客

を増やすことになり、積極的な出店を行っ

ていた時代がありました。


そして、店舗の増加にともない、職員数も

増加していきました。


しかし、店舗も職員も固定費を増やすこと

になっている一方で、規制緩和や情報技術

の進展により、店舗を増やさなくても顧客

を増やすことが可能になってきました。


むしろ、過剰な店舗や職員は重荷になって

きています。


そこで、収益性を高めるために、店舗と職

員数の削減という戦術をとることは蓋然性

が高い判断です。


ここまで書いたことは、至極当然で、何か

真新しいものがあるのかという疑問を感じ

る方もいるでしょう。


確かにそうなのですが、このような銀行の

判断から感じられるのは、どうやって収益

性を高めるのかという経営者の意図が明確

に感じられるということです。


しかし、この指摘も当然と思われる方が多

いでしょう。


ところが、私は、このような経営者の判断

は、なかなか行われていないと感じていま

した。


例えば、「残業を減らそう」というスロー

ガンを掲げている会社は多いものの、掛け

声だけになっていることが多いと感じてい

ます。


「8時になったら消灯する」とか「毎月最

終金曜日は15時に仕事を終わらせる」と

いった掛け声は行われますが、それは表面

的な活動に過ぎないと感じている人も多い

でしょう。


もちろん、そうはいっても、従業員の方も

効率的な仕事を心がけなければなりませ

ん。


しかし、従業員の方の努力だけで、残業を

0にする、収益を増やすということは無理

であることも事実でしょう。


やはり、根拠のある人材不足への対応が示

されなければ、実効性のあるものにはなら

ないでしょう。


結論は、少し前までは掛け声ばかりであっ

た人材不足への対応が、徐々に、根拠のあ

る対応が現れてくるようになったというこ

とです。


実は、会社のいろいろな目標は、掛け声だ

けに終わってしまいがちなものが多いと、

私は感じています。


だれが(Who)、なにを(What)、

いつまで(When),どうやって

(How)が示されなければ、実効性はあ

りません。


これは、多くの方が分かっているようなこ

とですが、意外と実践されていないと思い

ましたので、今回、これを改めて記事にし

てみました。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第448回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/D4PVkE





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月〜12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD



「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私はどういうわけか、くちびるは敏感です。


手入れを怠ると、ひどいときは、くちびる

から出血してしまいます。


そこで、こまめにリップクリームをぬるよ

うにしています。


中学生のころは、寒い中でもクリームをつ

けずに、自転車で向かい風にあたりながら

通学をしていても平気だったのに、最近は

本当に年齢を感じます。(^-^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

[ビジネスのきづき](334)「経営コンサルタント選びにご注意を」

読者のみなさま、こんにちは。







禁酒をしてから約3か月が経ち、ベルトの

穴ひとつ分、ウェストが縮まって喜んでい

る六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経営コンサルタント選びにご注意を

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



以前、経営コンサルタントの石原明さん

が、石原さんのポッドキャスト番組で、次

のようなことをお話しておられました。


すなわち、「腕の悪い経営コンサルタント

は、顧問先の改善点が目につくと、いちい

ちそれを指摘する。


しかし、改善点を指摘された側は、必ずし

も、それを改善する時間的な余裕があると

は限らない。


実践できないことを指摘しても意味がな

い」というものでした。


もちろん、私も石原さんのご指摘されてお

られるような経営コンサルタントにならな

いよう、注意しています。


そして、これは経営コンサルタント側の責

任ですが、「経営コンサルタント」を名乗

ることは、弁護士や税理士のように、法律

で規定された資格がないこともあり、スキ

ルや知識が乏しくても可能になっていると

いうことです。


そこで、経験の浅い「経営コンサルタン

ト」は、自分の能力をアピールしようとす

る意図もあるためか、目についた顧問先の

改善点を、都度都度指摘してしまう人もい

るのでしょう。


経営コンサルタントの本来の基本的な役割

のひとつは、顧問先の事業を発展させるた

めに、長期的な視点に立って適切なタイミ

ングに適切な助言をすることということ

は、言及するまでもありません。


ここで、詳細な説明は割愛しますが、顧問

先との関係において、経営コンサルタント

は、縁の下の力持ちでなければならないと

私は考えています。


もし、経営コンサルタントが顧問先より目

立っていたり、「あの会社は、経営コンサ

ルタントがささえている」ということが外

部に分かる状態になれば、会社の業績がよ

くなっても、その「手柄」の一部が経営コ

ンサルタントのものになってしまいます。


会社の業績がよくなっていればよいという

観点からは、このことが悪いことにはなり

ませんが、「経営コンサルタント」が顧問

先の業績改善の手柄を受け取るとすれば、

それは「経営コンサルタント」ではなく、

「複数の経営者のうちのひとり」というこ

とになるでしょう。


また、経営コンサルタントの中には、顧問

先から請われて取締役などのポジションに

就いている方もいます。


経営コンサルタントが経営者として活躍す

ることによって、その会社が発展すれば、

それは喜ばしいことであって、むしろその

ような例が増えることも望まれるところで

しょう。


話しを戻して、今回の記事の結論は、経営

コンサルタントには、残念ながらスキルが

低い人もいるので、経営コンサルタントの

支援を受けたいと考えている方は、見極め

をきちんとして欲しいということです。


とはいえ、これは、そもそも「経営コンサ

ルタント」を名乗る側に本来の責任がある

のですが、粗悪な相手を選ばないという能

力を身に付けることも、依頼する側に求め

られますので、ご注意いただきたいと思い

ます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第448回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/D4PVkE





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月〜12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD



「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



理想体重にすることが目的のひとつとはい

え、お酒を飲まないようにしただけでは体

重は減らないと思います。


ただ、飲酒が食べものを食べる機会や量を

増やしていたのだと思います。


とはいえ、ときどきお酒を飲みたい気分に

なることがあるのですが、それは、健康的

な体重になったときの楽しみにとっておき

たいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:07| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

[ビジネスのきづき](333)「コミュニケーションの方法」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、作家の美崎栄一郎さんのセミナーに

参加したとき、エクセルで「Ctr+;

(セミコロン)」だけで本日の日付を入力

できると教えてもらい、「どうしていまま

でそんなことを知らなかったのだろう」と

感動した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コミュニケーションの方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これは私が言うまでもないことですが、仕

事を効率的に行うには、コミュニケーショ

ンはとても大切です。


例えば、私が銀行で働いていたときは、恐

らく数千枚の融資稟議書を書いていたと思

いますが、単に長々と説明文を書けばよい

訳ではなく、要点を明確に書くことで、審

査部の方に早く承認をもらえるよう工夫を

していました。


このことは至極当りまえなのですが、そう

はいっても、同僚の中には、何度も審査部

から稟議書の内容の問い合わせを受け、承

認を得るまでに時間を要している人もいま

した。


問い合わせの内容は、書き方だけが原因と

は限りませんが、少なくとも、私は「何が

書いてあるのかわからない」というような

ことはないように工夫していました。


その一方で、融資の申込を受ける相手の経

営者の方の中には、割合としては少ないで

すが、どういう融資を受けたいのか、なぜ

融資を受けたいのかをうまく説明できず、

それを聴き取ることに苦心することがよく

ありました。


仮に、融資を受けようとする人がうまく説

明できないとしても、銀行職員はそこをう

まく聴き出す能力を持っていなければなら

ないので、きちんとお話しを聴くように努

めていました。


ただ、それがすべてではありませんが、や

はり、経営者の方がうまく自分の経営する

会社のことを説明できない会社は、あまり

業況はよくないというようにも感じていま

す。


とはいえ、自社のことを説明がうまくでき

ない経営者自身も、恐らく、ほかの人から

丁寧な説明を受けて仕事を学んできたとい

う訳ではなく、仕事を教わった相手の背中

を見て仕事を学んだというタイプなのだと

思います。


そういう私も、銀行で働いていたときは、

あまり、上司や先輩から仕事について詳し

く説明を受けたという経験はありません。


上司や先輩たちは、仕事を終わらせること

で精いっぱいであり、部下や後輩に仕事を

教えるという時間的な余裕はあまりなかっ

たからです。


そこで、私は上司や先輩の仕事を見ていて

分からないことがあった時は、社内マニュ

アルを読んで、なるべく独力で仕事を覚え

るようにしました。


話しを戻して、新入社員に対して、どのよ

うに仕事を学ばせるかということについて

は、いまだに苦心している会社は多いと思

います。


経営者や幹部の人たちは、かつて、上司の

背中を見て仕事を覚えたという経験から、

新入社員にもどうように仕事を覚えて欲し

いと考えている方も多いし、また、なるべ

く丁寧に仕事を教えてあげたいとも思って

いても、思うように時間をとることができ

ないという方もいるかもしれません。


ところで、以前、テレビ東京のカンブリア

宮殿という番組で、京都の料亭の菊乃屋さ

んについて放送していたことがありまし

た。


(ご参考→ https://goo.gl/bKE1oy


料亭は古いタイプの職場だという先入観を

私は持っていたのですが、菊乃屋さんは、

すべての料理人が料理のレシピをパソコン

でみることができるそうです。


そして、仕事の合間に、レシピを見て料理

を覚えることができるそうです。


こうすることで、料亭全体として、スキル

が向上するという、店主の村田さんの考え

によるもののようです。


結論は、コミュニケーションは大切と思い

つつ、それを円滑にすることが後回しにさ

れつつあるので、気をつけなければならな

いということです。


今回の記事では、菊乃屋さんを例に挙げま

したが、その例が絶対に正しいということ

ではありません。


ただ、社内でのコミュニケーションの円滑

化を図ったり、経営戦略の実践のためにど

のように活用するかということを明確にし

て取り組んでいる会社は、業績にその効果

が現れていると私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第448回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/D4PVkE





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月〜12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、いまは、ノートパソコンしか持って

いないので、エクセルに日付を入力する時

は、キーボードの上の方にある数字キーを

両手を使って入力していました。


しかも、私は指が太いので、しばしば打ち

間違いをするので、日付入力は結構ストレ

スを感じていました。


でも、ショートカットキーを使えば、すぐ

に日付が入力でき、仕事がとても効率的に

なります。


でも、こういったノウハウはたくさんある

のだと思うのですが、単に私が横着して、

ショートカットキーの使い方を調べなかっ

たことが悪いのだと思います。


これからは、横着せずに、ショートカット

キーの賢い使い方を覚えて、ストレスなく

効率的な仕事を心がけたいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする